2007年05月16日

副業でも趣味でもましてや義務でもない雑務とか。

今日はボランティアの事務所に行っていくつかの雑務を片付けてきました。
もともと細かい仕事を黙々とこなす庶務的な仕事は嫌いではないのですが、今の勤務体系では頻繁に行くことはなかなか難しいので、気が付くと雑務がたまっている感じがします。

僕は自分の中ではボランティアは仕事としてやっています。ただし副業って言われてしまうとちょっと違和感があります。
むしろ「PTAの役員引き受けました」とかに近い感じですかね・・・・いや別に子供持ったこと無いですが(爆)。
ボランティアと言うのは自分で手を挙げてなったものなわけで、手を挙げたことに伴う責任は果たしておかないとね、って思っています。自分はこういうことがしたいというのがもちろんあって、それができると感じた団体を選ぶことができたので、幸運だったかもしれないです。
これが義務になれば重くなるし、趣味になってしまうと緩んでしまうのかなって思うことがあります。ちょうどいい言葉がなかなか思い浮かばないのですけどね。

さてさて、あと半月もすれば名古屋で毎年恒例の「NLGR」なのですが、今年も去年に引き続きスタッフとして参加・・・・できるかはシフト次第。しかも直前に決まる様相です。
ちなみにスタッフではなく一人のオーディエンスとしての参加は許容されないようです(苦笑)。
posted by sakura at 02:21| Comment(4) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

巻き込む側と巻き込まれる側の逆転の構図とか。

ボランティアの隔週土曜日のミーティングは昨日はなかったのですが、しばらくは土曜日が出勤日になってしまうので、ボランティアミーティングの出席率が下がることになることから、雑務をしにちょっと事務所に顔を出そうと考えたんですね。
その前に近頃なかなかいけないaktaにも顔を出そうと思ったわけです。
イラスト展もたしかやっているはず、とか思いつつ。

言ってみると、見慣れたaktaスタッフ以外にもどこかで見たような人が。開催されていた「LGBTの家族と友人をつなぐ会」がまだやっていたようなのですが、その取材にリンク先でもある「フツーに生きてるGAYの日常」のakaboshiさんが来ているんだな、と思ったわけです。
しかも何か撮影しまくっている、と。

このあたりであちらも並行してお読みの方は「ああ、尾辻かな子さんのキャンペーンソングのPV撮影ね」とおわかりかと思うのですが、その場での僕は状況をあまりよく把握していなくてですね(苦笑)。ってゆーか撮影は尾辻さんの新宿二丁目の事務所のほうでこのあとやるのかなくらいに思っていたわけなんですね。
そんな油断しまくっている僕にakaboshiさんはPV撮影の真っ最中であることを告げた次の瞬間にこう言いました。

「sakuraさんも出てくれますよね?」

・・・・この発言、裏を返すと「sakuraさんって当然顔出しOKですよね」って意味のような気がたった今しました(爆)。
さらに次の瞬間、ご無沙汰してますの声に目を向けると、Junchanさん(G.O.Revolutionさん)が。そうです、PV撮影はこの二人によって行われていたんです。
VOICEにもご出演いただいたG.O.さんにはいろいろお世話になったんですね。しかしakaboshiさん、薔薇族関連といい、コミュニティ著名人を次々と押さえてますね(苦笑)。

そんなこんなで尾辻さんの事務所に初めて足を踏み入れたのですが、うちのボランティア団体の制作物が置いてあるじゃないですか。これはちょっと嬉しくなりました。
川田龍平さんと尾辻さんは参院選のマニフェストにHIV関連の文言を入れてくれるはずなので、自分的には応援するのが当たり前なわけです。

はい、なんだかんだであっさり撮影されることになりました(核爆)。
ボランティアに行く直前だったのですが、事務所を出たすぐ前の通りでの撮影だったので非常にスピーディーに終了しました。
自分の分だけ撮影した後ですぐボランティアの事務所に向かったのですが、PVに出た話をしたら褒められたので良しといたします。

あ、一瞬なので万が一(ってゆーか確実に彼ならやると思いますが)YouTubeに完成したPVがアップされてもいちいち髭男を探さないようにお願いいたします。
純粋に尾辻さんを応援する、そんなピュアなお気持ちでご覧いただけますように。
posted by sakura at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

週末に発覚したブログに関する衝撃の事実とか。

残務処理とはいえミーティングは反省会以来開催されておらず、事務仕事中心のボランティアの日々なのですが、うちの団体ではニュースレターを定期的に発行しています。
ちなみにウェブ上でもpdfでご覧になれます。
今回の「VOICE」はこの形では最後ということもあって、きちんと記事をアップしなければならなくなったのですが、僕に原稿を依頼してきた編集担当の方がこんな台詞を。

「あのブログの文章を要約すれば簡単にできるんじゃない?」

・・・・えー、根本的な疑問として、何ゆえこのブログをチェックされているのでしょうか(爆)。
まあイベント名やら団体名でブログ検索すれば出てきますが。

とりあえず詐欺っぽい画像は自粛しようかと(苦笑)。
ってゆーかそろそろ楽器の基礎練習を再開して、そんな話題も取り上げていったほうがいいかもですけどね。
名称が「東京プライドパレード」に変更された夏の一大イベントに向けて、さりげなく「今年も楽器を優先するのでブースはよろしくお願いします」とアピールするために(笑)。
posted by sakura at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

責任と課題と新しい役割とか。

3連休のど真ん中ですが、急遽ボランティアのミーティングを行うことになったため、幸い今日は夜勤はお休みだったので出かけてきました。
ボランティアのミーティングといっても、事務方の打ち合わせなので僕を含めて3人なのですが。

内容はあまり細かくは言えないのですが、事務方の業務の引継ぎです。こう書くと何かボランティアというよりもNPO法人職員みたいですが、活動報告書をきちんとあげていかなければならない団体なので、当事者であるボランティアが書類などの作成をしていくのが一番なんですね。

こういう仕事が回ってくるのを面倒がる人もいるのですが、僕は仕事を振られるのは評価されている証、という考え方なので、けっこう嬉しかったりします。
引き受けるかどうかは別問題で、話を振られることが嬉しいということですよ。
まあ嬉しいけどお断りしようかな、くらいのスタンスで臨んでしまうと、説き伏せられて結局引き受けて苦労することになる場合も多いのですが(自爆)。

今回の業務引継ぎに関しては、さほど拘束時間があるわけでもなく、むしろ生活のリズムを作るうえでメリットがありそうなので、お引き受けすることにしました。
さまざまなトピックスやイベント告知にいち早く触れられるというとても大きなメリットもありますのでね。
実は夜勤になってから、メディア経由でも人づてでも、情報に接するのがどうも遅くなっていて自分の中で問題だと思っていたんですが、それもHIV/AIDS関連に関しては解消できそうです。
まあ正式決定は来週のミーティングで仲間に承認されてからなんですけどね。

そういえば昨年の感染者数が過去最大、というニュースが流れていましたね。
統計上のニュースを身近な問題におとしていく作業が僕らの課題だと思うので、また何か企画したいと思っております。
posted by sakura at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

早々とNLGRの話とか。

名前の通りぷれいす東京は首都圏を中心に活動する団体でありまして、各地に同じような活動をしている団体があるわけですが、名古屋の団体であるANGEL LIFE NAGOYAの皆さんのイベント「Nagoya Lesbian&Gay Revolution」の告知が早々と出ていました。

Lyce'e NLGR

6月のはじめのイベントなんですが、名古屋は全国から人が集まる・・・・といいますか東京にも大阪にも知り合いのいる名古屋のゲイの人ってけっこう多いようで、イベントにあわせて集まってしまうというのが正しい、そんなイベントです。
なので交通チケットや宿泊予約が必要な人もそれなりにいるので、こちらの団体はとりあえずの開催告知を早々にされるんですね。ありがたいことです。

僕も行くたびに各地の知り合いと会います。
同い年の人たちの集まりがあるので、同期会的な飲み会があるんですね。
去年はぷれいす東京のブース担当として出向いたので、翌日の仕事に響かないようセーブして飲んでいたのですが、もしかすると今年もかなぁと思っています。
私的に出向いた所で仕事を振られてしまいそうですし(汗)。

担当として出向いたおかげで、ANGEL LIFE NAGOYAの皆さんにはけっこう覚えていただけて、全国各地のイベントでご挨拶いただいたりしています。
その御礼に僕のブログでもいち早く紹介させていただきました。
ご成功をお祈りしています。
posted by sakura at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

ホールイベントへの想いと極私的なイベントとか。

昨日アップしようかと思いましたが長文になってきたのでいろいろ考えていたらこんな時間になってしまいました。
それでは1月21日に開催された“VOICE07 FINAL”についてお伝えしたいと思います。

当日の準備は朝の08:30から始まりました。
何度も来られている方は、いつもに比べて照明が派手だとお思いになったのではないかと思います。実は今回、コンサートでは舞台を取り囲むように設置する反響版を使わないことになり、そのおかげで照明は割と使いたい放題な状況になったんですね。とはいえ使いたい放題にするには事前にセッティングしておかなければ駄目って事で、照明クルーは朝早くから準備となったわけです。
僕はというと、ホールのどこかで眠るのはどうにも無理そうなので、朝仮眠して少し遅めのホール入りでご容赦いただくことに。僕のホール入りは午前10:30頃でした。

ステージ周りは照明の準備中は照明クルーにお任せしないとかえって危険ですから、僕などは受付の準備です。
当日のボランティアを申し出てくれた方や、お仕事などの関係で普段のミーティングにはなかなか来れなくなってしまったメンバーなども集合して、受付やドア周りのいわばフロントスタッフは結構な人数になったので、僕はステージとフロントの間に立つことに終始しました。
リハーサルが12時過ぎからなのでその頃には続々と出演者到着。同時に出演者宛の花や、プログラムに挟み込むフライヤーなども届きます。
しかし、何気に手に取った一枚のフライヤーに僕は驚きました。

尾辻さんフライヤー.jpg

尾辻かな子さんのメッセージフライヤーなんです。
うわこれ今夜akaboshiさんにメールで送ろう、と思ったあたりが人任せですが(苦笑)。
しかも単なる関西パレードの告知とかではないんですよ。裏にはなんとVOICEへのメッセージを頂戴してしまいました。

尾辻さんメッセージ.jpg

このメッセージの中で尾辻さんはVOICEというイベント開催へのお祝いの言葉、さらにご自身の国政へのチャレンジを明言されています。これにはかなりびっくりしました。
ちなみにakaboshiさんはメールするまでも無くご来場されていて、さっそくこのフライヤーの話題で少しお話させていただきました。

さて開場前の準備の話に戻りますが、16:30まではリハーサルで、受付スタッフは本番を見ることができないのでリハーサルをちらちら見ることに。
しかしそんな中ある衝撃の一報が。

「既に並んでるお客様がいるんですが・・・・」

時間はまだ15:00台。早すぎです(汗)。
開場の四谷区民ホールは、ビルの9階にあるのですが、エレベーターを降りるとすぐホールの入口なのですが隣にモスバーガーが入っているんですね。なのでエレベーターホールに並ばれるとモスバーガーの店舗前をふさぐようになってしまうのでとてもまずいんですね。
去年満席になって入れないお客様が出たうえに、ダンスレビューなどはいい席で見たいとお考えの方が増えていたので(全席自由席です)、このような結果になったのでしょう。急遽スタッフで話し合い、ロビーのみ16:45に開けて、客席入口のドア前から並んでいただけるようにしました。
今回は演劇的なステージ構成のため実は席の良し悪しの差が割と大きかったので、結局満席には少し足りなかったのですが、早くお越しいただいた方は良いお席で観ていただけたので早く来た甲斐があったと思っていただけたのではないでしょうか。

350人くらいまで一気に入場してちょっと一段落。僕はお客様から出演者の方への差し入れを受け付けたり、情報コーナーとして設置した啓発パンフレットなどのご案内をしたりといった感じだったのですが、そんな中、このブログの初期からお世話になっている、白熊舎の心太さんとご挨拶できました。
あとで心太さんのブログを見て、なるほど、はにわさんの目の届かないわずかな時間にご挨拶に来てくださったんですね、とわかりました。本当にありがとうございました。
心太さんは再入場チケットをうちのスタッフが渡し忘れた結果、お戻りのときに受付の者に止められるというトラブルがあったようで、申し訳ありませんでした。うちの理事が機転を利かせてくれたので更に無礼を重ねることは避けられましたが、そもそもホールの出入り口が一つなのに出て行った人に再入場チケットを渡し忘れたうちのスタッフが悪いのでございます。来週開催予定の反省会で厳しく注意しておきますのでご容赦くださいませ。

来場者は約400人弱。満席にはならずとも85%くらいは客席が埋まり盛況でした。
今回のプログラムはこんな感じです。

1)弦楽合奏団divertimento
・「四季」より「春」
・「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」


divertimentoをトップにするのは僕からのリクエスト。オペラやミュージカルではありませんが“第一幕への前奏曲”をお願いしたわけです。
ちなみに曲名を聞いたスタッフが一言「ゲイ受けしそうな選曲だわ〜」(笑)。
演奏は安心して聴ける内容でさすがでした。そして鮮やかに第一幕へ。

2)Barエスム

2番目のプログラムといいますか、ここからの全てのステージアクトに関わるストーリーテラー的なお芝居を用意しました。芝居好きのスタッフが最初に提案したときは半ば妄想でしたが形になるものですね。
ママ役のドラァグクィーン・エスムラルダさんと、従業員役のべーすけことおかべよしひろさん(昨年・一昨年の東京パレード実行委員長でおなじみ)がトークを繰り広げます。
そして実はこのバーにはショー用の舞台があるのです。

3)マルガリータ

Barの舞台でという設定でマルガリータさんのドラァグショー。客席の客をいじるにあたり、リハーサルでは「どのくらいやっちゃっていいですか?」などと過激な発言が出ていましたが、本人曰く「人選ミス」のため凄いことに。ある意味ライブの醍醐味ですね。
マルガリータさんは一番最後にご出演を承諾していただいて、時間の無い中でいろいろ演出をお考えいただき、本当に感謝しています。

4)G.O.Revolution

Barエスムの客として登場したG.O.Revolutionさんと言えばおなじみクィーンのショーなのですが、ここからしばらくクィーン特集的な舞台に。
クィーンを取り上げると一歩間違うとHIVの話が海外の話として捉えられてしまってリアリティが無くなってしまう危険があるのですが、今回はバーシーンでのトークがあってのショーという展開でそのあたり誤った捉え方をされないように工夫するようにしていたんですね。
G.O.さんはご自身も様々な活動をされているので、重要なパートを安心してお任せできました。

5)NONOCHIC

クィーンメドレーによるダンスレビューなんですが、今回のイベントのために新作をご用意いただきました。
新作ってだけでも相当なご負担なのですが、事前に届いた練習風景の映像を見ると、なんと赤いリボンを使ったショーに。HIV/AIDS関連ではシンボルマークになっている、お馴染みのレッドリボンを織り込んだステージになっているんですね。これには感激しました。
NONOCHICさんには昨年から出演していただいたのですが、集客の効果でも大きく貢献してくださってありがたいかぎりです。

6)スキンエコー
・「クィーンメドレー」
・「思い出すために」より「種子」
・「誕生」


休憩をはさんでもうちょっとだけクィーンを引っ張ろうと、男声合唱団スキンエコーの皆さんにも、普段決してやることのないクィーンメドレーをリクエストしてみました。とはいえ中島みゆきの曲もお願いして、再び日本の話題に戻っていく流れにしていただきました。
クィーンをやってください、とスキンエコーの代表の方に宣告したのは僕だったのですが、そもそも洋楽系の曲などほどんどやらない団体ですので、今考えてみると割と無茶な要求だったかも。でも素晴らしかったですよ。

7)エスムラルダ

中島みゆきからさらに金子ゆかりの曲「再会」でのドラァグショーへ。これは出演者サイドからのご提案で実現しました。エスムラルダさんにはいろいろお願いしてしまい大変だったと思います。
マルガリータさんのところでの人選ミスに警戒したのか、ここで客をいじる予定だったエスムラルダさんはかなり慎重な人選をされた様子・・・・なのですが後で聞いたらGBrの「NOV's BLOG」でも知られる赤杉康伸さんだった模様です(笑)。

8)Barエスムでのリーディング

ある意味全体のメインパートとして、近年HIV/AIDS問題を伝えるうえで一つの確立された手法になっている、陽性者の手記のリーディングを用意しました。
リーディングの人選にあたり、スタッフの間で「最後なんだし千寿子に何かやってもらおうよぉ〜」と某氏が言ったので依頼したら出演いただけることに。千寿子ってうちの団体「ぷれいす東京」代表の池上千寿子女史のことなんですが(核爆)。誰が言い出したかは明らかにできません(笑)。ちなみに言い出したのは僕ではありませんが、なぜか僕が出演依頼のレターを書くことになり、十数行のレターにものすごく時間が掛かったのも今は懐かしい思い出です。
それから、今回は裏方スタッフもお願いした、しんやさんが声が素晴らしいという評判だったので、スタッフを通じてお願いすることに。Barトークでのアドリブもきかせていただきました。
リーディングの最後は陽性者団体ジャンププラス代表の長谷川博史さん。長谷川さんのリーディングと「シャボン玉」の歌はPLuS+などでも演じられたのですが、今回はホールの舞台でべーすけさんの生ピアノ伴奏付きというまたこれまでとは一味違う雰囲気でのショーになりました。
べーすけさんにはリーディング全般でBGMを弾いていただけて、このメッセージ性の強いシーンを彩ってくださいました。

9)メロウディアス

リーディング後のメロウディアスさんのシーンはある意味リーディングの締めのようなアクトで、「Living Together」のフラッグを使ってメッセージを打ち出していただきました。
メロウディアスさんにはこのメッセージシーン全般にわたって様々なアドバイスをいただいたのですが、その結果非常にメッセージも力強いものになったのではないかと思いました。
実は別の企画でもちょっとお世話になる予定があるのですが、また一緒に素敵なものを作れるよう僕のほうも勉強しないといけないと思いました。

10)コラボレーションショー「Seasons of Love」

divertimentoとスキンエコーのメンバー数名による生演奏、NONOCHICのリーダー・RIOTOさんのソロダンス、エスムラルダさん、マルガリータさん、メロウディアスさん、長谷川博史さん、G.O.Revolutionさん(?)、べーすけさんによるリップシンク、さらにはNONOCHIC全体のダンスから出演者全員でのフィナーレへ・・・・今回のコラボレーションはミュージカル「RENT」から「Seasons of Love」による大掛かりなショーです。ちなみに「RENT」の大ファンであるエスムラルダさんはスキンエコーに混じって歌っていました。
エスムラルダさんは発案者でも有り、RIOTOさんが構成を考えていたらどんどん大掛かりになり、一夜限りのゴージャスなショーが実現しました。前日にはご出演の皆さんが自主的に合同練習もしてくださり、これにはスタッフ一同大感激。
出演者の皆さんもボランティアなのですが、出演者の皆さんに支えていただいて、感動的な幕引きができたと思います。

こんな感じで、無事にイベントを終えることができました。これからアンケートを読み返したりするのですが、そのときに僕はまた感動できるのではないかと思っております。
大変だったしまだ少し残務が残っているのでなかなか休息とはいかないのですが、今は満足感でいっぱいです。
ご来場者の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
posted by sakura at 11:39| Comment(4) | TrackBack(1) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

思い起こされる半年前の論争とか。

この週末に事務所の後片付けをして、実はさらに月末に会計の事務処理をして、ようやくVOICE07は完了するということになるのですが、とりあえずこの週末にイベントレポートをアップしていこうと思います。
ですがその前に、今思い出すのは半年前のことです。

今回で最後となったVOICEですが、そもそも今回開催するかどうかも、何週にもわたる議論があったんですね。
会場確保の抽選に一度外れたこともあって長引いてしまったのですが、僕らのグループの中でもやるかやらないか意見が割れていたんです。
というのも、昨年度のVOICEでは、満席になってしまったためにせっかくお越しいただいたお客様にお帰りいただく事態になったんですね。
予防啓発イベントに足を運んでいただいたのにお帰りいただくのはどんなもんかと。
ただ当然のことながらホールには定員が存在する以上、事態を回避するにはより大きなホールを使うか公演回数を増やすかしかなく、そうなると人員や予算を考慮すると現実的ではないんですね。
僕らの予防啓発活動の軸が「ホールイベント」でいいのか、という議論だったわけです。

まあ終わってしまってお客様の反応などを伺っていると、グループ全体は結局次のイベントも開催する方向に傾いている気がします。

ちなみに僕は開催派だったのでいざ開催となったときにいろいろ仕事がまわってきたわけなんですが、開催派もなぜ自分は開催したいと思っているのかという理由は様々で、僕の場合は今後の予算確保のためにもわかりやすい主催事業は必要だというものすごく事務方的な考えだったのですが(苦笑)、そのせいか今回のVOICEではホールや機材レンタル会社との折衝、招待券の発行といったとても事務的な部分を担当しました。
あとはプログラムの構成と、ほんの少しなんですがプログラム用の文章を書きました。当日は主に情報コーナーと緊急時対応を担当しました。
そんな視点からのレポートは次の記事からアップしていきたいと思います。
posted by sakura at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

ようやく一つの山を越えた気分とか。

VOICE07 FINALは日曜日に無事に終了しました。
400名弱のお客様にお越しいただき、日曜日の夜のイベントとしては盛況であったと思っております。

VOICE07プログラム.jpg

これが今回のプログラムです。エスムラルダさん扮するママが経営する「Barエスム」を舞台に様々なショーが繰り広げられるという設定でした。

ショーの内容のレポートなどは追ってしていきたいと思っていますので、イベントレポートが少しの間続くことになるとは思いますが、まずはご来場いただいた皆様、特に心太さんやakaboshiさんはご挨拶に来てくださって、本当に感謝しております。ありがとうございました。

大きなイベントを越えたのでちょっと呆けているところがあるのですが、夜勤も始まっていますし、早く日常に復帰しないといけないと思っています。
それから、次の企画の打ち合わせも。
posted by sakura at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

最終調整段階で発覚しがちな問題とか。

たとえば旅行の計画を立てるとき、あそこも行きたい、ここも行きたいといろいろ考えるまではいいのですが、移動時間などを積算すると物理的に無理なことが判明、ってありがちですよね?
VOICE07も苦労の末にやっと当日のタイムテーブルも固まり、スタッフ配置もどうにか決まり、といった段階になっています。

しかし、いまや普通の人と違ってオランダ領アンティル時間で生活している僕(それはどこだよ、って方は漠然と中南米カリブ海時間でもOKです)、イベント当日の夜勤は避けられたものの、翌日の夜は夜勤になります。
つまりイベントを昼間から夜にかけて普通にこなして、その夜に寝て月曜の朝起きたりしようものなら、月曜夜の夜勤は睡魔との闘いになること間違いなしなわけです。

というわけで、出来上がったタイムテーブルを見て、真っ先に「仮眠できる隙」を捜す僕(核爆)。
しかし見当たらんのですよこれが(汗)。まあスタッフなら当たり前なんですけど。
そうなると解消する方法は一つ。
イベント当日の夜に寝ない(自爆)。
まあ過去オーケストラやってた頃とか考えても、翌朝9時くらいから寝ても大丈夫なんですけどね。打ち上げが朝までコースとかざらでしたし。

絶対に起こされない保証があれば、イベントの夜寝たら13時間くらい起きないって手もあるんですけど(笑)。
posted by sakura at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

やや長い休み時間の有効活用法とか。

拘束時間が長めの夜勤なので、僕の勤務の時には休み時間が2時間あります。
この2時間って言うのが仮眠するにも半端で、また睡眠障害のこともあるので僕は寝ないんですが、午前3時から5時とかに休憩時間があってもできることってのは限られてるわけです(爆)。

会社にシャワー設備があったら前半1時間は会社の周りをランニングして運動不足を解消して1時間休むとかできるんですが、会社はおろか近くにも何も無し。
ファミリーレストランやファーストフードのお店は開いているので食事は問題ないのですが、2人勤務で交代で休憩するので一緒に休憩に入る人がいないため、ファミレスでボーッとするにも限度が。

そんな中、イベント準備がいよいよ押し詰まってきたので、ふと思い立って会社近くでネットができる場所をさがすと漫画喫茶が1軒あることがわかり、昨日はというか今朝未明はというか、そこにコンビニ弁当持込で食べながらボランティアの仕事をしてみたわけです。

・・・・もっと早くこの手に気づけばよかったと後悔(苦笑)。

今夜と明日の夜も夜勤なのですが、もう通うこと決定です。先々のことも考えてポイントカードも作っておこうかな(笑)。
ちなみにこの漫画喫茶、同じ時間帯にけっこうサラリーマン風の人がいて、きっと夜勤の人がやはり休憩時間の暇つぶしにネットゲームをしにきているのだろうと思います。

ボランティアのメールを昨日さんざん送ったので、これから事務所に行ってその反応をチェックしてから出社します。
posted by sakura at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

いよいよ残り2週間とか。

voice07_logo.png

いよいよあと2週間でVOICE07も本番です。
今年は日曜日の夜なので全然集客とかが読めないのですが、きてくださった皆様にとって有意義な時間になればいいなぁと思います。

僕は今日は特に大きな用事は無かったのですが、ステージ担当のチームがセットに使うあるものを制作していて、その関係で出先で電話でつかまったりしていました。
いつでも問い合わせに答えられるように資料を持ち歩かないと駄目かも。

とりあえず本番直後に夜勤で会社へという事態は避けられたので、この日は本番を無事に進めることにだけ専念できます。
冒頭から今までとは少し雰囲気が違う部分もあるので、当日お越しくださる方は何が起きるのかちょっとお楽しみに。
posted by sakura at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

仕事納めという言葉に実感が伴わないとか。

仕事納めの声がちらほらと聞こえてきていますね。
うちの会社にも仕事納めはありますが、24時間体制の僕の職場には無縁な話です。
そして今日もボランティアのミーティングがあったのですが、こちらもどうやらまだまだ仕事納めとはいかないようです。

新宿二丁目のコミュニティーセンターaktaやいくつかのゲイバー、発展場などでVOICE07のフライヤーを設置していただいています。
aktaは最近ミーティングなどでお世話になりっぱなしでして、どこかで差し入れでもして差し上げないと、と思っているのですが、情報的にもどんどん充実感を増して素敵なスペースになってきているので、近郊の方はぜひ一度足を運んでいただきたいなぁとおもいます。寒い時期ですし待ち合わせ場所としての活用もいいんじゃないでしょうか。
タイミングによっては僕や仲間のボランティアが外部の方と打ち合わせをしていることもあるかもです。

そんなわけで最近コミュニティの著名人の方とお会いする機会も増えたのですが、顔と通称(ボランティアでも僕はsakuraで通っています)を覚えていただけることも多くて、それがボランティア的には今年一番の収穫だったような気がします。
個人的なつながりはこのブログのおかげでもっと広がったかな。
ブログつながりの方の中にはまだ一部面識がない方もいるのですが、さすがに顔出し強要ってわけにはいかないので、今後もさまざまなイベントに顔を出していくのでお声掛けいただければと思うのであります。
posted by sakura at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

一日を有効に使うという観点はどうなのかとか。

今日は、
昨夜からの夜勤

帰りにボランティア関係の用事

帰宅して睡眠

ボランティアの臨時ミーティング
というスケジュールだったのですが(今夜と明日の晩は夜勤お休み)、「忙しかった一日」というよりも「この二日間忙しかった」という感覚なのがなんとも奇妙です。

しかしながら、僕が寝る前にちょっと仕事してほかのボランティアの人に引継ぎ、僕が起きだして報告を聞いてまた動く、という流れは一面では効率的なんで、夜勤の休みの日も夜勤の生活リズムをあまり崩さないようにしていることによって思いがけないメリットが生まれているような気もします。

家のことも手分けしてできますし、生活時間のまったく違う人どうしが協力することでスムーズにできることって意外とあるんじゃないかな、と思えてきました。
中途半端なずれだと駄目でしょうね。打ち合わせの時間が取れなかったり。僕の場合、僕の出勤前の時間はとっくにアフターファイブなのでできることです。

最近このブログは画像が少なめなので、明日あたりは何か考えようかなぁ。
posted by sakura at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

夜勤開始後初の定例ボランティアミーティングとか。

タイトルどおり、夜勤のシフトに入ってからはじめての定例ミーティングだったのですが、感覚的に起き抜けで事務所に向かってミーティングに参加しているのでまあ発言に鋭さがないこと(自爆)。
そのくらいがちょうどいいってボランティア仲間の声もありそうですが(爆)。

今日のミーティングは非常に順調に終わったのですが、一つ残念なことが。
これまでの場合ミーティング後にご飯を食べに行くことが多かったのですが、とりあえず生活リズムが確立されるまでは食事の時間も規則正しくしようと思っていて、当面は一緒にご飯ってわけにいかなくなってしまうのです。
ある程度リズムがつかめれば、多少ずらしても大丈夫になるとは思うので、しばらくの間社交的でない期間ができてしまうだけなのですが、当分一つ楽しみが減ってしまいました。

ただ、VOICEの本番の日は当然昼間も準備なので、その頃にはいくらなんでも生活リズムを確立しないと駄目です。この年末年始も仕事は普通にあるので、それを逆手にとって正月あたりできちんと生活のリズムを確立したいと思います。
ものすごい変則的な生活のリズムですがね(笑)。

ボランティアの帰りに駅でワゴン販売していたネクタイを2本買いました。
転職したら一つの節目としてスーツを新調しようかと思ったのですが、私服勤務でも構わない職場なので、節約のためにスーツではなくて遊び心のあるネクタイを2本買うことにしたんです。
ちなみに僕のネクタイピンはトランペットの形をしています。ホルンの形のものを発見したら換えるかも。

明日の夜からまた夜勤です。
posted by sakura at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

今が昼休みだと思う努力をしようとか。

夜勤に向けて生活リズム調整中です。
いまぐらい(午前3時)が仕事の中間の休みが終わってもう半分頑張ろうってところです。

もう昨日の話ですが、臨時でボランティアの打ち合わせをしてきました。
VOICE当日が四十九日の法要に当たることはまずないとは思うのですが、家の都合だけではなくて和尚様のご都合もあるので、当日スタッフのセクションリーダー的なお仕事ではなくて、VOICE関連ではあるのですがちょっと違うプロジェクトの担当を中心にさせていただくことにしました。
もちろん法要が当たらなければ当日スタッフするのですが、シフトによっては終演後の撤収に参加できない可能性もありますしね。

夜勤だと昼間仕事してたり学校に行っていたりするボランティア仲間と時間が合わなくなるのではないかという懸念はあったのですが、22:00スタートというえらく遅い仕事なので、打ち合わせをしてから出勤するのが定番になりそうです。
会社に着くころには一仕事している、という感じなのですが、デスクワークなのでさほど問題なし。どっちかというと、「夕方からのボランティアに寝坊して遅刻」という普通に聞くと超駄目人間な感じの状態になるほうが怖いです(爆)。
睡眠障害の担当医の先生にも相談したのですが、不眠症にならないように注意しながらの生活になりそうです。太陽光線を浴びると体内時計がリセットされてしまうので、会社帰りの昼間が体内時計の狂いどきなわけですね。
かといって太陽光線を全く浴びないのもどうかとは思うわけで、難しいところです。

あと問題はジム。さすがに午後2時台の太極拳は行きにくくなりそうです。
朝のプログラムって準備運動の要素もあるのか強度の軽いものが多いんですよね・・・・ステップのクラスにでも潜り込むかなぁ・・・・。
posted by sakura at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

学会も終わって次の展開へとか。

昨日は先日お伝えしたLiving Together Concertに行った後、学会の後片付けのお手伝いをして帰ってきたので更新できませんでした。
コンサートは手記リーディングとライブがメインで、研究発表といってもそれらのパフォーマンスの前にほんの少しあるだけという、全体に柔らかいイベントでした。一応位置づけとしては学会の締めのイベントの一つだったのですが、こういう締め方もいいなぁと思いました。
ちなみにNHKのカメラが入っていたようでした。

今日はうってかわって明日からの研修の準備で、ついでに夜勤に突入したときのための準備もいろいろしました。
二交代とか三交代とかだと一日のタイムテーブルを固定しないわけですが、固定夜勤なので一日のタイムテーブルを固定するべきなのか、はかりかねています。
かつて普通の昼勤サラリーマンとして9時スタートの仕事をしていた頃のタイムテーブルをそのまま今回の勤務時間にずらすと・・・・

出勤前に食べるご飯(朝食?)が午後8時。
仕事の休憩時間に食べるご飯(昼食?)が午前2時。
仕事を終えて寝る前に食べるご飯(夕食?)が午前10時〜11時。

・・・・ええっと、一番たくさん食べるべきなのはどこでしょうか(爆)?
ランチバイキングが始まった直後に入店して食べて帰って寝る・・・・それ太りそうだなぁ(核爆)。
とりあえず前任者に聞いてみますけどね。
posted by sakura at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

コミュニティアクションのイベント告知とか。

2週間ぶりにボランティアミーティング。
日本エイズ学会が近くなってきて、事務所があわただしいです。

そんな中こんなイベントの告知が。

Living Together Concert

この出演者の構成はなかなか面白いかも。
ちなみにコンサートだけじゃなくてちゃんとHIVに関するお話もします。このイベントは音楽と組み合わせた啓発アプローチ、VOICEはステージアクトと組み合わせたアプローチって感じですかね。

僕はミーティング後にスタッフとそのまま流れていく予定なんですが、このブログによくお越しの方で興味のあって行かれる方がいらっしゃいましたら是非事前にメールください。ご挨拶くらいはさせていただきたいと思っております。
ちなみに神保町は僕は学生時代からよく言っていて、一時期勤務場所も近かった、とてもなじみの深いエリアです。
会場付近でミーティング向きの店を捜すのも僕がやったほうがよさそうなので、もう日付は今日ですが、秋葉原に出向く必要があるので帰りに見てこようと思います。

エイズ学会に関連して行われるイベントはコミュニティ・アクションとして告知されています。クラブイベントやシンポジウムなどいろいろなイベントがありますのでよろしかったら一度見てみてください。

学会に関係なくても、年末に向かってイベントの嵐です。来月17日はゲイブラスとゲイコーラスの演奏会が重なってるし(汗)。どっちにも知り合いいるんですよね。
とりあえず自分の所のイベントが終わったら、来年の夏に向けていよいよ楽器のほうを考えます。
posted by sakura at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

連鎖的に発生する仕事と仕事の前段階とか。

ボランティアの打ち合わせの日だったのですが、雨のせいもあって寒くなってきたので外出のときの服装を考えないといけないですね。完全復調にはもう少し時間がかかりそうです。

まだトップページしか公開していないのですが、僕の所属団体が主催するイベントのサイトができました。

VOICE07公式サイト

来年1月21日(日曜日)に四谷区民ホールで行われるイベントです。
公開できる情報はページの更新をブログ上でもお知らせする形で公開していきたいと思っています。
当日ボランティアの募集なんかも間もなく開始したいと思っていますが、興味はあるけど正式な申し込みの前に話を聞きたい方は僕へのメールをご活用してくださっても構いませんよ。

告知はこのくらいにして、ちょうど面接が続くタイミングを前にしていろいろ仕事を抱えるかっこうになってしまったので、ここしばらくは忙しくなりそうです。
実際にはボランティア方面の約束が先に決まった部分も多いのですが、合間合間にきれいに面接の予定が入って、調整しなくていいといえばいいのですが何だか余裕の無いスケジュールに。
いよいよここ2、3日で体調をどう戻すかが大事になってきました。

でもいろいろなパフォーマーの方に出会える楽しみはあります。
今夜は早めに寝て明日から処理できるものから処理して行こうと思います。
posted by sakura at 02:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

アーティストが関わると啓発効果が高いとか。

約1ヵ月後の話なんですが、HIV/AIDSに関連してちょっと大きなライブがあります。山本シュウさんの企画で、以下のサイトで本日(10/31)10:00から内容は見れるのですが、参加アーティストを代表して記者会見したのがアンジェラ・アキでした。記者会見のニュースは既に流れているので見た人もいるかな。

http://api-net.jfap.or.jp/redribbonlive/

あまり語られてないかもしれないけど、アンジェラ・アキもゲイの間で人気のアーティストの一人だと思うので、きっとたくさんのゲイが応募することでしょう。
平日ってのが惜しいけど、行けないもんかな・・・・。

このライブが画期的だなって思ったのは、無料検査を会場近くで行うってこと。
ゲイだけでなくストレートの人、特に若年層がたくさん来ることは間違いないので、まずHIV/AIDS検査というものに彼・彼女らが触れるのは大きいです。
HIVは薬害エイズ以外はゲイしか感染しないとか真面目に思ってる人もいるからね。
自分も検査を受けるべき対象だってことに気がつくのは大きいと思うんですよね。

ゲイ向けの活動はあまり激しくやると不安を煽りすぎてしまうのですが、逆にストレート向けは、ライブ開催発表の記者会見でもいってたけど控えめすぎて「身近なリスクである」という危機感が生まれてないと思うんですよね。
それにこの会場なら、ゲイかストレートかわからない中での検査なので、ゲイ向けの検査会は知り合いに会うと気まずいから行かない、なんて人も行きやすいんじゃないかなって思います。
ライブの当選者でなくても検査できるようなら、当選しなかった方でもちょっと足を運んでみたらどうでしょうか。

そうそう、全然話は違うのですが、ゆたかさんからバトンを振られてますね。バトンの回答は明日の記事で。
posted by sakura at 03:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

イベント後の虚脱感と次のイベントとか。

何か大阪の疲れが抜けないというか、結局風邪だったのか微妙に体調が悪いです。
まあ今日はゆっくりした一日だったので、今度のミーティングに向けて1月のイベント関連の企画を考えておりました。

しかし、6月の名古屋NLGRに始まる「夏のLGBTイベント」も関西レインボーパレードで一段落。ちょっとした虚脱感みたいなものがあります。
今年は6月の名古屋、7月の東京の映画祭、8月の東京パレード、9月の札幌パレード、そして今月の大阪となぜか全部行ってしまったので余計です。
LGBT関連でない、趣味のイベントもけっこうきっちり行ったので、1ヶ月くらい大きなイベントが無い期間に突入したので手持ち無沙汰なんですね。

そんな中でもいくつか小さなイベントはあります。
11/5には、毎月やっているLIVING TOGETHER LOUNGEに加えて、早稲田の学園祭で尾辻かな子さんの講演会があるそうです。
そして月末からは日本エイズ学会です。久々に東京での開催。
HIV関連では、陽性者の活動参加が重要視される中、学会参加費の援助という企画も出てきています。

学会のお手伝いもしたいなとか、いろいろ思うところはあるのですが、一方で再就職活動がまだ佳境を抜けていないのです。
脱力も今週限りにしておかないと・・・・。
posted by sakura at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。