2010年10月17日

雨の関西パレードもまた立位置がいつもと違ったとか。

先週の3連休、関西レインボーパレードに行ってきました。
その前の週の10月3日も日帰りで大阪に行っていたので、2週連続の大阪滞在です。

2週連続となるとなかなか他の用件が済まないので、今回行くかどうかはけっこう最後まで悩んでいたのですが、人数的なものもあってBrassMIX!での参加は予定通りしたほうがいいと思って言ってきました。

やはり日帰りなので、当日の朝大阪に移動。
東京は小雨もときどきパラつくような重たい曇り空でした。
伊丹空港へのフライトの間、眼下には雲の海。飛行機が雲の上に出るといい感じに陽射しがあるので、何とか雲がどいてくれないかなぁ、という想いだったのですが・・・・。


関西パレード2010.jpg


やっぱり雨でした。

マーチングブラスは楽器を完全に覆い隠すことはできません。ある程度ビニールなどでカバーもできますが限界はあります。パレードは実施となったものの、BrassMIX!の行進はしないことになり、オープニングのセレモニーで演奏することになりました。

実は、この天候を予測して、僕は手持ちの一番安い楽器を持っていったのです。以前ブログにも書いたことのあるピッコロホルンです。

演奏するとこんな感じ.jpg
 ↑これね。

今回ホルンパートは僕ともう一人なので、行ってみたら、もう一人も同じような理由で安いフリューゲルホルンを持ってきていました。他のパートの方に「この二人が今回のホルンパートですっ」と言ったら「どういうこと?」「新しい」「間違ってるそれ」「フレンチホルンはどこ?」などの感想をいただきました(マニアックな笑い)。
でもセレモニーだけの演奏なら普通のホルン持って行けばよかったかも・・・・。

そして今回のパレードは雨の中出発したのですが、いろいろ考えて出発する隊列を見送ることに。
500人くらいだったそうですが、雨の中でも最後まで歩いたそうです。参加された皆様お疲れ様でした。

僕はその後で、もう一人のホルンの人に案内してもらって、大阪のHIV関連の拠点のひとつであるdista(東京で言うaktaのようなもの)を案内してもらったりしました。実はもう一人のホルンの人は大阪でHIV関連の啓発活動をしていたりするのでした。
社会貢献度の高いパート、それがホルンです(断言)。


というわけでとても短い滞在だったのですが、それでも行ってよかったと思います。雨の中でもだんだん集合場所に人が集まる光景、たくさんの人が僕らの演奏を聴いてくれたこと、BrassMIX!を通じて様々な経験ができた一年だったと思います。
まだ2ヶ月半ありますが、来月はエイズ学会などなどで忙しいと思うので、吹奏楽関連は個々でひとまずおやすみです。

来年のBrassMIX!の活動は未定なのですが、何か吹奏楽関連でできたらいいなぁ、と思っています。



posted by sakura at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

普段とは違う位置で見た3年ぶりの東京プライドパレードとか。

この週末は東京プライドパレードとレインボー祭という2大ゲイイベントがありました。
通常ですと、上旬に行ってきた「着てみたい北のTシャツデザイン展」の報告があって、プライドイベントのご報告、となるのですが、今年は北海道方面では告知をしたいイベントもありますので、あえて順番を変えて、報告のみになるこの週末のイベントから書いていきたいと思います。


4500人が参加.jpg

今年の東京は猛暑続きだったのですが、なんとこの日に限って雲多めのほどほどの天候。
人が多いので気温以上に暑くなりがちなのですが、それでも何とか、ここ数週間の猛暑に比べたらすごしやすいというレベルです。

このてのイベントでは、東京開催の場合は基本的にHIV関連のブーススタッフとして活動してきました。
今年も「エイズ予防のための戦略研究」のブースには、「カミングアウト・フラッグ」が登場。仮に自分がHIVになったときに、伝えたい相手、言えない相手、迷う相手をそれぞれ屋根の色が違う家型のシールに書いて、イラストマップ風の街に貼っていただくというものです。

イベント広場.jpg

たくさんの方にシールを貼っていただきました。
ちなみに今、戦略研究班では「できる!キャンペーン」を開催しています。
こんなセクシーな幕も用意しました。

dekiru.jpg


といいつつ、前の記事にも書いたように今年は全くと言っていいほどこのブースで働きませんで(自爆)。
僕のスケジュールはおおむねこんな感じです。


BrassMIX!の朝練習
 ↓ (ここでいつの間にかイベントが始まっている)
みんなでブラスの受付
 ↓
BrassMIX!のマーチング練習
 ↓ (Living Together ゼミナールの様子は見えず)
10分間でHIV業界の皆様などにあいさつ回り
 ↓
みんなでブラス本番
 ↓ (ここでRENTの日本人キャストによるseasons of love)
BrassMIX!の本番準備
 ↓
パレード開始
 ↓
パレードコースをマーチング
 ↓
お帰りなさい演奏で後続のフロートをお出迎え
 ↓
BrassMIX!撤収
 ↓
ブースを少しだけ見て回る
 ↓
HIV関連ブースに合流するももう撤収モード



・・・・まあそんなもんですね。
パレードそのもののスタッフの方はもっと大変なわけでして、本当に皆様お疲れ様です。

一応、本番の準備をしながら、RENTのステージは見ることができました。といってもかなり遠目ですが・・・・。

rent.jpg

さて肝心の演奏ですが、「みんなでブラス」のほうは、ここ数年の中では割とまともに吹けたほうでした。毎回その日に楽譜を配布する形式の「サプライズ演奏」は今年はブラスの名曲「オーメンズ・オブ・ラブ」。僕も含め演奏経験のある人が多かったようで、なかなかの演奏ができたんじゃないかなと思います。

もちろん演奏中は撮影などはできず。
詳しい画像は随時アップされるであろうakaboshiさんのブログで!(またこのパターンか)


さてさて、パレードはHIV関連の「Living Togetherフロート」も、僕が今回加わっていた「BrassMIX!フロート」も、早々に250人の枠が埋まりました。隊列に加わってくださった皆様には改めてお礼申し上げます。

Interbank.jpg

僕らの隊列には、InterbankのLGBTグループが。今年は一般企業のブースも外資系を中心に多数あり、金融系以外にもGoogleやsoftbankのブースがありました。いくつかのブースはグッズの制作数を読み違え、数時間で無くなるところもあったようでした。

この隊列の後ろには、世田谷区議でトランスジェンダーの上川あやさんの姿もありました。

さっそくakaboshiさんとこから動画を借用。
音は気にせず隊列の多様性を軸にご覧ください(マーチングバンドの画像紹介としては微妙な発言)。

【We are the World】


【コンガ】


車いすの方にはコースやスピードがちょっと速くて大変だったかな、と後から気づいたりもしました。10月の大阪のパレードで演奏する機会があるなら、その反省を活かさないといけないですね。


パレードが終わると最後には中西圭三ライブあり、エンディングの砂川さんのあいさつも感動的でした。
今回は代々木公園内は人が多めだったけれど歩く人は少し少なくなっていました。お盆なのでこれなかった方がいた反面、ブースを出した企業やRENT・中西圭三さんのファンの方など、少し来場者層にも変化があったのかもしれません。

でもとても楽しい一日であったこと、それは紛れもない事実です。

selfphoto.jpg

お疲れさまでした!
posted by sakura at 18:00| Comment(3) | TrackBack(1) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

明日は代々木公園から渋谷原宿等々をぐるっと一周するのがおすすめとか。

明日はいよいよ東京プライドパレードです。
“歩く”イベントは実に3年ぶりとなります。台風が過ぎ去ったあとの猛暑にあたるようでなかなか大変ですが、雨で歩けないよりはまだよろしいかなという気がします。

HIV関連でもステージイベントあり、フロート(隊列のブロックを先導する車)を出したりします。
ちょっとご案内を転載など。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・「Living Together フロート」のご案内

暑い日々が続いておりますが、みなさまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?今年は東京で3年ぶりにプライドパレードが開催されることになりました。

そこで私たちも、例年のようにフロートを出すことにいたしました。
ご存知のように「エイズ予防のための戦略研究」にまつわるプログラムをこなしつつの参加になるため、いつものような派手なものは作れませんが、隊列の後ろの方まで音楽が届くよう大きなスピーカーを搭載したキャンペーンカーを制作しています。

キャンペーンのテーマは、現在私たちが首都圏で展開している「できる!」キャンペーンにのっとった、HIVの検査に関するポジティブなもの、「HIVに感染しているなら早めに知ってほしい!そう思うたくさんの理由があります」というものになります。「できる!」キャンペーンはすべての人を対象に、エイズ発症を予防するためのさまざまな情報やアイディアを届けるという、強い願いを基にしているキャンペーンです。

特にフロートの後ろを歩いていただく際のテーマカラーや揃いの衣装などは考えておりません。
前回、フロートを歩いた際に後ろに続く人々の姿をゆっくり見る機会がありました。みなさんてんでばらばらの格好で、シンプルな服装の方も、ちょっとエッチな格好の方も、中には巨大なコンドームをビニールで作って、それを炎天にもかかわらず被って歩いていらっしゃる方もいました。そのバラエティ溢れる様子こそが、このHIVをひとつのテーマに掲げたフロートには相応しいなあと思ったことを覚えています。
どうか思い思いの「盛装」でいらしていただければと思います。もちろん暑さ対策も忘れずに!

今年も皆さんと一緒に歩けることを楽しみにしております!

■日 時:2010年8月14日(土)
午前10時半パレード参加受付開始(予定)

・「Living Together ゼミナール」イベント詳細
■日 時:2010年08月14日(土) 11時05分〜11時50分
■内 容:HIV/エイズの現場について、わかりやすくお伝えします!
■場 所:代々木公園(ケヤキ並木側)野外ステージ


TOKYO Pride Paradeの詳細はこちらから →
http://parade.tokyo-pride.org/7th/index.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と、ここまで書いておいてなんですが、僕はこのフロートにはいません(核爆)。
それはなぜかというと、今年僕はBrassMIX!のホルンパートのパートリーダーを引き受けまして、今回のパレードはホルンの人数が少ないので、BrassMIX!の一員として歩くことにしたのです。

といっても、BrassMIX!は全ての隊列が戻ってくるまで代々木公園で「お帰りなさい演奏」を続けております。LivingTogetherフロートももちろんしっかりと演奏で帰還をお待ちしております。

暑い中のパレードですが、良かったら見に来ていただいて、良かったら一緒に、歩きましょう。
なかなかコミュニティに出てこれない人も、きっと何か感じることができるのではないかと思います。

そうやってなんとなく見に来て、次のパレードにはすっかり隊列に加わっている人を僕は何人も知っています。
一歩間違うと撮影班に入ってたりしますが(僕はそこまで踏み込んだ参加をしろなんて一言も助言したことはないことを敢えてこの場で明言いたします)。

なにはともあれ、一年に一度どころか数年に一度のイベントになってしまうかもしれないので、とても貴重な体験ができるかと思いますよ。
代々木公園でお会いしましょう!
posted by sakura at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ゲイコミュニティーに貢献する吹奏楽関係者の縮図となった某パートとか。

7月に入ってようやく日記をアップしています。

この7月は、海の日の三連休の頭2日に2つの本番を抱えていたのですが、余裕がなくて告知もままならなかったのです。すみません。
7月17日は中野区のなかのZEROで東京プライドパレードのプレイベントである「プレリュード2010」。
7月18日は住之江区のZEPP OSAKAでメンオンリークラブイベント「ZUMANITY」のオープニングアクト。

はい、中野区と住之江区です。
東京から大阪に移動しての本番2デイズ。

まあ疲れました、はい。
でも楽しかったです。
ZUMANITYはけっこう好き勝手やって、なんかこう、突き抜けた感じがあったかも。単なるストレス解消かもしれませんが・・・・。

このままパレードまで走らないといけないのですが、何とかなるかなって気持ちになってきました。


ところで、ZUMANITYのホルンパートは、HIV関連の各種団体関係者が半数を超えており(爆)、まさにいかにホルン吹きと言う人々の社会貢献意識が高いかを証明するかのようなメンバー構成でした。
なお、一部メンバーが「それはアルトホルン」「それはフリューゲルホルン」といった、手持ち楽器に些細な差異がありましたが、そんなことはこの際関係ございません。

というわけで私もささやかな社会貢献の一端としてHIVマップスタッフ日記なども書いてみました。是非ご覧くださいね。
posted by sakura at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

イベント月間に猟犬が史上最速で駆けてくるとか。

もはや3週間前のNLGRが遠い昔のようになっています。
6月と言うのは、HIV関連のことでも忙しい時期でもあるのですが、前回の日記でイベントウィークと書きましたが実際にはイベント月間でした、くらいの勢いがありました。

そんな中、日本の吹奏楽業界を震撼させる夏のイベント(大袈裟)、みんなでブラスの告知がなされているわけです。
わけですが。

まず全国の吹奏楽関係者の皆様に声高に主張したいことがございます。


選曲として「ギャロップ」と「春の猟犬」というのはいかがなものでございましょう(核爆)。


ご存じない方のために申し上げておきますと、「みんなでブラス」という企画は、全国から楽器を持った人々が東京パレード会場である代々木公園に集合し、当日ぶっつけ本番で合奏をするという危険な企画でございまして、しかも年々選ばれる曲目が難易度が増しているという企画です。
そして例年、パレードなので行進曲を1曲やります、という伝統があったにもかかわらず、なぜか今年はマーチではなくて「ギャロップ」が選ばれ、実行委員が「世界最速を目指します」と公言するという、まさしく崩壊への序章と言うべき選曲なのです。

何が不服って、この選曲を聞いて、本番に出る気の無い吹奏楽関係者に限って「面白い!客席にいたい!」と不可解な発言をすることです(爆)。

この状況を打破するには、実行委員の意向を無視して、妥当性の高いテンポで演奏しようという志の高い吹奏楽関係者の皆様の協力が不可欠です
興味のある方は、まだまだ募集しているようですので、ぜひ本番当日、一緒に適正なテンポで演奏しましょう!

なお当日は4thHornなので、ステージの真ん中あたりで演奏者の群れに埋没する予定です。
大丈夫、ここに限っては熊系でも目立たないから(自信あり)。
posted by sakura at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

蝶ネクタイで黒服の髭男が皆様のお越しをお待ちしていますとか。

タイトルでわかると思いますがもちろん告知です。

前の記事までに連続でアップしたエイズ学会明けから、急激に吹奏楽モードに突入していたのですが、この週末いよいよ本番です。
選曲がとてもヤバくて仕事どころではないくらいです(爆)。

今回は僕は途中ピッコロホルンなんかも使う予定ですので、よろしければぜひぜひお越しくださいませ。

-----------------------------------------
Brass MIX! presents 【Encore!】

日時 12月26日(土)18:00開場・18:30開演
入場無料
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 大ホール
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
どなたでもお越しいただけます。

曲目
交響曲第9番より第4楽章「歓喜の歌」(ベートーベン)
・・・そしてどこにも山の姿はない(シュワントナー) ほか

※会場に設置する募金箱(こちらから強制的に募金をお願いする者ではありません。)に集まったお金はユニセフ/厚生労働省/みどり基金を通じて必要とされている方々に寄付をさせて頂きます。

※当日ぷれいす東京様から生島氏をお招きし、ゲイだけではく一般の方にもわかりやすくHIVとの向き合い方をお話しして頂く予定です。
posted by sakura at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

1日だけ違う僕になる関西レインボーパレードとか。

横断幕.jpg

昨日は日帰りながら関西レインボーパレードに行ってきました。

スタート地点である淀屋橋の公園には、朝9時過ぎに到着。この時間には到着するために、久々に全日空に乗りました。

到着すると今年は風船がまずスマイルでお出迎え。

風船SMILE.jpg

今年は開催時期が10月も下旬になってからと言うことで、朝9時集合ではじまったBrassMIX!の準備中は、かなり寒かったですね。
金管楽器は冷え切ってしまうとやっかいなので、自分だけでなく楽器も温めながらの準備となりました。
今年はホルンは9人です。

9Horns.jpg

隊列準備.jpg

午後2時には隊列が準備されていよいよスタート。
例年は前半のビジネス街は人が少なく後半の商業地域でぐっと人が増えるのですが、今年は冒頭から沿道で見てくれる人が多かったように思います。
隊列全体の人数は昨年より少なかったそうなのですが、沿道で隊列にあわせて御堂筋を南下する人は多かったように思いました。
あと、隊列に参加している人の友人が撮影のため沿道にいる、というのも多かった感じがしますね。

そんなパレードの様子はakaboshiさんがそのうちYOU TUBEにアップすると思います(人任せ)。
信号で止まることが少なかった反面、最初から最後までゆっくり歩いた、という感じの強いパレードとなりました。
今年は札幌はいけなかったので、僕にとっては唯一歩けたパレードになりました。
やっぱりパレードの日は特別な一日ですね。最近いろいろなことが僕の活動領域では起きていますが、昨日はほかの事はあまり考えずに楽器と共にすごしていました。

今年は隊列は800人と去年より少なくなりましたが、東京のパレードが隔年になるのであれば、札幌と大阪と言う東西に毎年やっている大規模パレードがあることは、とても重要なことに感じます。
来年もこの場所で会えるといいなぁと思います。

BrassMIX!の人の中にも久々に会う人がいて、また新しいメンバーがいるわけですが、ブラスとは違う分野での知り合い、特に「名前だけウェブ上で知っている人」と挨拶ができるのもパレードの大事なこと。今年もそんな出会いもあったりしました。

そして夕方前にゴール地点の公園に。
もう一度演奏をして、フィナーレの風船飛ばしに。

難波の公園から遠くへ.jpg難波の公園から遠くへ2.jpg難波の公園から遠くへ3.jpg

風向きが悪いとマンションに吸い込まれてしまう風船なのですが、今年はちょうどこの時間風が弱く、曇り空ではありましたが空に吸い込まれるように風船が上がっていきました。
あのスマイル風船はどこまで飛んでいくのでしょうか。

その後去年と同じ店で打ち上げ。あの豪華なエントランスも健在でした。

味園.jpg

20:30の何回特急に乗らなければならないので20:00ジャストで抜けましたが、今年も充実した一日でした。

その反動か、今日は一日家にいて、朝も起きれず、楽器をずっと持っていたために起きた二の腕の痛みと格闘しながらインドアライフを送っています。
そこもまた、一日だけ違う僕と言うことで。
posted by sakura at 18:32| Comment(2) | TrackBack(1) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

意外なつながりまで生み出す夏のアートウィークとか。

かなり間が空き失礼いたしました。
それだけプレリュードの練習に時間を費やしたということもあったりはしますが、またボランティア関係で新しい仕事を引き受けまして、少しばかりネットの使い方がいつもと違っていたこともあります。

プレリュードは実に楽しく演奏できたのですが、ホールで吹くのも久々ならばHIVボランティアブースを放っておいて別のことをしているというのも慣れていなくて(というか多分ボランティア始めて以来初)、舞台裏で右往左往しつつも貴重な経験ができました。

しかし、そんな中、ほかの出演団体に大学オケ時代の同期を発見(爆)。しかもブラスじゃなくて弦楽器で。
話をするチャンスがなかったのですが、あまりにも見た目が10年前から変わっていなさ過ぎて、遠くから見ただけで僕は断定できてしまいました。
しかし僕は10年前はというと髭なし時代なので、目が合ったものの向こうは僕が誰かわかったのかどうか・・・・。
次の機会に確認しようと誓いました(何だかんだでどっかのイベントで遭遇しそうな気がする)。

さて、冒頭で言っていた新しい仕事とは、右サイドバーのリンクにもありますがHIVマップ関連。
ひそかに新しいコンテンツもできて、児雷也さんのイラストによるキャラクターも登場するのでぜひぜひご覧ください。
しばらく密かに準備していますが、HIVマップの認知を高めるための活動要員として駆り出されているので、このブログでも可能な範囲で紹介していこうと思っております。

そんなことをしていて今年は映画祭に行きそこね、週末からのRainbowArtsは1週間やってるのだから何とかしないと、と思っております。
今年はブログ関係者も多数出展しているようなので、月末あたりはRAの記事がGBrに散見される感じかもしれませんね。

来月半ばにはリフレッシュ効果満点の夏の十勝ツアーが控えているので、そこまでもう少しがんばりたいと思います。
予定表が埋まっていくのに充実感を感じる牡羊座です。
posted by sakura at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

歩かないのに走り出した春のプライドとか。

昨日はTOKYO Pride Festivalでした。
週間予報では金曜と日曜が雨でその間の曇りだったのですが、前日から雲行きが怪しく(というより妖しく)、昼頃は5月としては尋常じゃない暑さになりました(苦笑)。

東京プライドフェスティバル.jpg

今回は、HIV/AIDS関連のブースもしっかりと出ていたのですが、ブースに必要な人員がどうこうという話が出る前に吹奏楽系の話が持ち上がり、結果的にステージとブースを往復して終わりました(汗)。
まあ充実感とか達成感はあったので、楽しめなかったということではありません。スタッフ側に立つ時間が長くなると、イベントごとの達成感みたいなのはとても大事で、満足しています。
ただ一般参加と決定的に違うのは、疲労の蓄積も甚だしいということです(自爆)。

上の画像はBrassMIX!のリハーサル中に撮影したステージ上の幕。
ステージのほぼ中央にホルンパートは位置していたので、こんな角度の画像が撮れました。

プライドフェスティバル用Tシャツ.jpg

濃青のTシャツは、昨年の新宿二丁目レインボー祭りでも使用した、HIV関連ブースのスタッフTシャツ。
白は今回制作したBrassMIX!のユニフォームのTシャツです。
IBMでもICBMでもございません。

これに缶バッジやレッドリボンをつけて、一日会場にいました。
私服→白T→青T→白T→青T→私服と、Tシャツ3枚を5回着替えるという慌しさはありました。

プライドフェスティバル缶バッジ.jpg

プライドフェスティバルの公式バッジと、今年のみんなでブラスのバッジ、それにブースでも配っていたREAL Living Togetherのバッジです。フェスティバルのバッジはもちろんこのブログでも吉祥寺界隈で何かを企んでいることで有名なあの人のデザインです(素直にくま絵師と言えばいいのに)。
ちなみにその人がRainbowArtsのブースでアイロンプリント用として販売していたデザインカットの中に、某ブロガーに著しく似ているキャラクターがいた件については、そのうち本人の公式見解を聞いてみたいと考えております(笑)。
あ、念のため言っておきますが、僕ではないですから。

当日は何人かのブロガーさんにもお会いしました。
メガネ姿の心太さんにお目にかかったり。
一瞬誰かわからなかったというよりも、中身は心太さんっぽかったのですがメガネがボランティアつながりの別の知人の使っているメガネと似ていて瞬時に判断できませんでした(申し訳ありません)。
相変わらず野郎系全開でいらっしゃいました(この1行についての苦情は受け付けません)。

それからしばらくしてDASS君が。
ブースのイベントに引っ張り込んだりしましたが、ブロガーさんの姿があまり見えないので探している様子。
そういえばakaboshi君の姿が見えないな、と思っていたのですが、多分ステージあたりにいるのではないかなぁとか思いました。

そうそう、あとですね、みんなでブラスの後で、ある参加者の方からブログを読んでいるといわれました。
(確認していなかったのでお名前やパートは一応伏せておきます)
このブログは当初からみんなでブラスを取り上げるブログがあってもいいんじゃないかなぁという思いがあって続けてきたので、うれしかったです。ありがとうございました!

え、自分の演奏?
・・・・それは聞かないで下さい。
とりあえず5月のイベントは忙しくて練習不足になることを避けられないという反省はきちんとしています(汗)。
あー、来年と言うか次のイベントはリベンジの場になってしまいそうです。

HIV関連のブースでは調査・研究のためのアンケートを開催し、かなりの数の回答を得られました。またパレードと言う形ではなかったので心配された資料配布なども、予定していた分があっさり無くなり、追加で事務所から持ってくるなど、良い方向に転びました。
聴覚障害の方が聴覚障害者向けの資料があると聞いて、手話ができる方と一緒にブースに来てくださったり、NHKやブースを出していた企業の肩にも手にとってもらえたりして、最初は山積みになっていた資料が無くなっていくことで活動を通した充実感を感じていました。

パレードで街を歩くことは無かったけれど、来年に向かっての第一歩は踏み出したと思えるイベントでした。

ただ多分、来年に向かって歩き出しているというよりも、走り出すくらいの気構えで無いと、一度途切れたイベントを復活させるのは大変なのではないかと思います。

来年は無事にパレードが開催されますように。
posted by sakura at 14:50| Comment(4) | TrackBack(1) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

今年も募集が開始された吹奏楽の祭典とか。

ええ、もちろん「みんなでブラス」のことです。

パレードは隔年開催になってしまいましたが、歩かない年もステージイベントはあるということで、今年も告知がついに出ました。

東京プライドフェスティバル
http://www.tokyo-pride.org/festival/index.html

そして注目の選曲は、威風堂々とセンチュリア。
5月開催に変更になるに当たって一抹の不安であった、「開催が夏から春になった勢いで春の猟犬」「イベントの名称から察するにフェスティバルバリエーション」などという冷静に考えればありえないチョイスはやはりありませんでした(吹奏楽関係者にだけお送りするネタ)。


もう申し込みは済ませたのですが、練習時間が短いのでさっそくリハビリを開始しないといけなさそうです。
ただ楽器を持って出かけるには天候不順続きなんですよね。
もう少し暖かくなって、外で練習できるようになるといいのですが、このぶんだとまたカラオケボックスを利用して練習することになるかもしれません。


告知ついでに、こちらは近くなったら改めて告知しますが・・・・。
かの新宿御苑でのお花見ブロガーオフの翌日、4月5日の夜のLiving Together Loungeにて、僕が陽性者の手記のリーディングを行うことになりました。
こちらもよろしくお願いします。
posted by sakura at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

東京の分と札幌の分を重ね合わせた巨大音楽隊とか。

かなり間隔が空いてしまいましたが、ブログを再開します。
今月前半はいろいろとありました。ブログつながりのリアルあり、仕事の大きなプロジェクトが一段落したり、自分の限界はこんなものかなぁとふと思って沈むこともあったりしました。

でもどうにか行ってきました。大阪へ。
予告どおりのBrassMIX!です。

朝の集合は9時。
当日は今年も快晴でした。

当日朝の空模様.jpg

晴れ過ぎとも言います。なんと御堂筋は27℃までいきました。
まあユニフォームがこれなのでいいのですが。

BrassMIX!Tシャツ.jpg

今回のBrassMIX!は黄色。大阪のイメージカラーは黄色ってことになったようです・・・・阪神カラーで黄色と黒?

なぜ大阪カラーなのか。それは、今年は東京のパレードはそのものがなく、札幌のパレードはマーチングブラスの許可が下りず、プレリュードやレインボー祭への出演はあったものの、BrassMIX!本来の姿であるマーチングは大阪が最初で最後だったからです。
なので何か皆気合が入っていました。

ホルン集合中.jpg

行進直前、出発前に体力を温存しているときにこんな光景が。
ちなみにホルンは12人いました・・・・そんな楽団見たこと無いです。過去のどの年の「みんなでブラス」よりも多い。全体で百人規模の巨大マーチングバンドが誕生しました。
伊右衛門さんにはお会いできませんでしたが、トロンボーンの先頭にはRonさんがいてakaboshiさんもしっかりカメラを構えている姿を目撃。一般参加の中にも東京からの知り合いも何人か来ていました。

隊列の中から.jpg

信号待ちで完全に止まったときに1枚だけパレード中の画像を撮りました。それ以上は楽器持ってるので無理です(苦笑)。
BrassMIX!のホルンと言うのはトロンボーンの次なので、パレード全体から見ても先頭の50人以内に確実に入る位置であり、こんな先頭に近い位置でパレードするのは初めてだったので、なかなか面白かったです。
沿道の方が「この集団が何なのか」をよく認識しないうちに通り過ぎたりします。
逆にパレード全体で何が起こっているのかは全く理解できないのですが(汗)。

とりあえずはっきりしたことは、BrassMIX!はゴールしたとき予定より15分も早くゴールしたということです(爆)。
きっと某曲で強引にテンポアップしたスネアドラムが原因に違いありません(笑)。

エンディング.jpg風船が空を舞う.jpg

近隣住民の方には不評っぽいのですが、今年もゴール地点の公園で風船飛ばしがありました。
この直前にお帰りなさい演奏があって、BrassMIX!は終了。

いや、終了ではありませんでした。
打ち上げがありまして。
しかもこんな店で・・・・。

打ち上げの店.jpg

焼肉と聞いていたのですが、むしろ宴会場です。
テーブルが丸いテーブルで、社員旅行のようでした。
男女比が生物学的には偏っていましたが。

打ち上げ会場より.jpg

食べまくりました。飛行機の都合で終了30分前に帰る羽目になりましたが元は取れたと思います。


今年の関西レインボーパレードは1000を超える人が歩いたそうです。
資金の問題などがあることは承知していますが、来年も開催されることを祈りたいと思います。
自分の状況的に、関西ならブラスで参加できそうな気がするので。
東京は別フロートスタッフの可能性が高いですから。

ゴール地点で挨拶してくれたリンク先のKJ君、会えて嬉しかったです。何か一仕事終えて疲れてたのか、きちんとお話できなくてごめんなさい。

そして関係者の皆様には心より感謝しています。ありがとうございました。
posted by sakura at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

空から太陽と彼が見つめている暑くて熱い一日とか。

東京プライドパレードが終わりました。
去年は豪雨だ雷だと荒れたお天気に見舞われましたが、今年はうって変わって青空が広がりました。
反動の振り幅が大きすぎて、日射病や熱中症が心配されるほどの猛暑になってしまいましたが、開催が危ぶまれるほどの荒天よりははるかにマシ。
そんな僕らの暑い熱い一日を少しだけ僕なりに振り返ろうと思います。

楽器を運ぶということもあって、僕は今年は井の頭線から小田急線、地下鉄千代田線と乗り換えて代々木公園駅から会場へ向かいました。
代々木公園駅からだと、会場となる野外ステージの裏手に到着する形になります。実はそこはみんなでブラスやBrassMIX!に備えてブラス関係者が事前練習する場所になっているんですね。
早めに行ったのですが既に練習を開始している人が多数いて、気合を感じます。
結局人数が去年並みということで、ギリギリいけるだろうってことでステージに130人ほどが乗ることに。おかげで4thHornも他の方と隣りあわせで吹けることになりました。といっても2人でしたが。
それでも狭くて、ステージ上で右往左往しつつ、本番ではホルンはステージのほぼ中央に一列に並ぶことに。
ふと右を見ると、ブラバンなのに今年もまたハープが(爆)。そして、生まれて初めて髭の野郎系ハーピストを見てしまいました(笑)。
ある意味それだけでテンション上がる僕。
今年は予定されていた「雷神」と「アルメニアンダンスpart1」の間に、その場で譜面を配っていきなり演奏するといういわゆる「初見大会」がやはり行われたのですが、選曲はブラバン関係者には割とおなじみの「ルパン3世のテーマ」。去年の「キューティーハニー」ほどの衝撃は無く、割と上出来に終わりました。
そしてメインの「アルメニアンダンスpart1」なんですが、この曲は先月下旬に亡くなった、例年コンサートマスターを務めてくださっていたクラリネット奏者にしてパレード実行委員のRALPHさんの大好きな曲で、彼の思いを受けて選ばれた曲であることが紹介されました。
実はRALPHさんは僕と同い年。そして1月に行われた「VOICE07 FINAL」でも舞台裏で大活躍してくれた主力スタッフの一人でありました。なのでその訃報はとてもショックで、今日彼がいるべきポジションにいないということで再認識してしまってまたショックを受けたほどでした。
いろいろな想いを乗せながら、「アルメニアンダンスpart1」のメロディーは空へと舞い上がっていったのでありました。

なんて書くとすごくいい演奏ができたみたいですが、個人的には反省点ばかりなんですが(爆)。
出だしと最後アレグロの2拍子になってからは問題なかったんですが、中間部が全体的にボロボロでした。
落ちるしシャープ付け忘れるし。
来年は音源に合わせての通し練習を最低10回は行おうと心に誓いました。
今から曲の予測を立てて練習しておこうかなぁ・・・・。

そんな悔いを引きずりつつ楽器を片付けて、ここからはボランティアの時間です。
ここからは画像つきで次の記事にてご紹介します。
posted by sakura at 01:14| Comment(0) | TrackBack(1) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

それでもまだパレードに行くか迷っているあなたへのメッセージとか。

寝る前に更新しています。
そろそろ寝ないと、明日は朝からブースの設営、しかも酷暑が予想されていますからね。
なのでこの記事はいつもより短めですがご了承ください。

パレード未体験の方の中には、もしかしたら行くかどうか迷っていて眠れないでこの記事を見つけた方とか、朝になってまだ迷っていてこの記事を見ている方もいるかもしれません。
そんな方に僕から少しだけメッセージです。

まずはとりあえず近くに行ってみて、眺めてみてはどうですか。
お盆とはいえ週末の昼下がり、渋谷にも青山にも人はたくさんいます。
その中の一人になってみる。そうするとパレードがやってくる。あなただけではありません。誰だってあんな集団が車道を通っていれば足を止めて見るんですから。笑ったり呆気にとられたりしながら。
ルートはこのブログからもリンクしている、パレード公式サイトを見ればわかります。

例えばこんなのはどうですか。あなたの知り合いに似た人を捜してみる。
或いはこんなのはどうでしょうかね。あなたが持っているのと同じ服を着ている人を捜してみる。
見つかるかもしれないし、見つからないかもしれません。何人も見つけてしまうこともあるかもしれません。
でも群集が通り過ぎるのを見ている傍観者の感覚、みたいなものはつかめるでしょう。
そして同時に、パレードに対する素直な印象や感想もわき上がると思います。
嫌悪感を抱いたら最後まで見ずに立ち去っても一向に構いません。
思うところがあれば代々木公園まで来てエンディングに参加されても構いません。
そうしたら、来年は、もう迷う必要がなくなると思いませんか?

パレードは強要されるものではありませんが、伝聞だけで理解できるものでもない、と僕は思っていますので、現場主義なメッセージをお送りしました。

それでは、お会いできる方は、おそらく炎天下の会場にてお会いしましょう。
posted by sakura at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

思いがけない知らせと真夏の公園練習とか。

公園で練習.jpg

この週末、東京も真夏の陽気ですね。
さっそくホルンを持って譜面台を背負って、公園で練習してきました。

実は出かける前に、みんなでブラスにも縁の深いある方の訃報など聞いてしまって、決して心穏やかではなかったのですが、時間も無いので昨年も一度やった野外練習を決行しました。

場所は去年も練習に使った、ハッテン公園でもある某K公園(過去の記事やコメントと合わせるとどこかバレバレ)。
ま、昼間ですから。
画像でもおわかりのように陽射しが強くてたいへんでしたが、楽器が温まってくるとどんどん音程が高くなっていくので、それを抑えるように吹く練習ができました。

しばらく練習して、ふと視線を右横に向けると、ちょっと離れたところにあるベンチではいつの間にか上半身裸のガテン系兄貴が日焼け中(苦笑)。
さすがこの公園だ、と近寄ってみてもいないのに彼をゲイと断定しつつ練習再開して、またしばらく練習に没頭していたのですが、次にちょっと休憩しようと思ったときには、右横の兄貴に加え右斜め前方のベンチにも日焼け中の半裸のスジ筋系体育会学生風青年が(爆)。
うーん、ゲイっぽくはない、とか良くわからない判断をしつつ、暑さにやられないうちにもうちょっと練習しておこうと思いアルメニアンダンスpart1のメロディーパートを中心に反復練習。
そうこうしているうちにけっこう汗をかいてきて楽器を持つ手が滑り始めたので、そろそろ練習終わろうかな、と思ったのは午後3時頃でした。半裸の二人はまだ日焼け中。ガテン系兄貴は仰向けからうつぶせに変わっていましたが。
夏だね、と思いながら反対の左前方を振り返ると、そっち側のベンチにはいつの間にか競パンで日焼けしているおっちゃんが(核爆)。
さすがにそれはやり過ぎでしょう、と思いつつ、近場のスーパー銭湯にちょっと寄ってサッパリしてからいったん帰宅し、楽器と譜面台を置いてボランティア事務所に雑務を処理に出かけたのでした。
posted by sakura at 23:58| Comment(5) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

そういえばきちんと紹介していなかった僕のパートナーとか。

そうなんですよ、ちゃんと紹介してなかったんですよ。

マイホルン.jpg

楽器紹介でそのタイトルはどうよ、って意見があったりするかもしれませんが、このブログは“ヒゲ(=僕)とホルン”なのでいいのです。

この楽器は高校生の頃に買ったものなので、僕は人生のほぼ半分をこの楽器と一緒に過ごしてきたのですが、いまだに現役で頑張ってくれています。
ハードケースとそのほかの付属品を加えると、僕のこれまでの人生の中でもベスト3にはいる高額な買い物で、これのおかげで高校までに蓄えた貯金がほぼゼロになったのですが、楽器のおかげでいろいろな経験や勉強ができたので、僕の人生で一番良い買い物だったとも言えます。

実はこの楽器を買った直後の演奏会で演奏したメインプログラムは「アルメニアンダンスpart2」で、それから十数年経って、僕は初めて演奏会で「アルメニアンダンスpart1」を演奏することになりました。
去年の「アルヴァーマー序曲」は懐かしい思いと長いブランクから来る難しさでいっぱいでしたが、今年は初心に戻った気持ち、あるいは今よりずっと純粋だったはずの高校時代に戻った気持ちがします。
吹奏楽って楽しいな、と。

今週はお天気はそうそう崩れないかな、なんてことを思っているので、楽器持って公園に行く日もありそうです。
posted by sakura at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ついにきたパート譜メールにおける安堵と危惧とか。

既に日付が変わってしまいましたが、昨日、東京プライドパレードで演奏するアルメニアンダンスパート1と雷神の譜面がpdfファイルにて送られてきました。
今回もパートはお任せで提出してみたのですが、まわってきた譜面はある意味本領発揮の“4th Horn in F”。
ちなみにこのブログのアドレスにもなっているHorn in Fっていうのは、ホルンの譜面の代表的な書き方なんです。詳細が知りたい方は近くのブラス経験者に聞いてみてください(手抜き)。
ブログをつくろうって思ったときに、よくこんなアドレス残ってたなseesaa、って思ったのを思い出しました。
正統派音楽ブログの皆様すみません、ゲイブログにこのアドレスいただきました(爆)。

前にも書いたかもしれませんが、金管楽器の中では幅広い中音域を担当するホルンパートは、ホルンの中で2〜4パート(極稀にもっと)にわかれており、吹奏楽では4パートに分かれているのが標準的です。この場合、ホルンの中でも高音域を担当する方から1st→3rd→2nd→4thの順に並んでいるのが一般的で、つまり4th Hornというのはホルンの中で一番低音域を担当するわけです。
そしてホルン吹きには、ホルンの音域の中でも高音域が得意な人(通称上吹きとか言います)と低音域が得意な人(こっちは下吹きとか言います)がいて、僕は明確に後者なのですが、去年はお任せにしたら1stになってしまったので、今年のほうが本来のパートってことになります。

そしてメールによればステージ上での演奏になるので、ホルンの並びの一番端にいるはずです。
・・・・ってところでふと気づきました。
4th Hornって1本じゃん!
ホルンの定員は6人なので、1stと2ndが二人ずつで3rdと4thは一人ずつと見られます。
実は今回の編成、トランペットやトロンボーンはパート内でいくつかに分かれていても常に複数の奏者がいる編成。ホルンには一見人数的には厳しい編成なんですね。
代々木公園ステージでの野外演奏になったとき、ホルンは楽器の構造のおかげで、ステージ背後の壁が反響板になってくれるので、演奏環境という点ではフォローアップされます・・・・が、それは一歩間違うと粗も目立つことがあるということ。諸刃の剣なのです。
そして4thは一人と言うことで、一緒のパートを吹く人が上手だったらその陰に引っ込むという技が使えないわけですね。

・・・・十数年ぶりに楽器の朝練でもしようかなぁ。
posted by sakura at 01:48| Comment(5) | TrackBack(2) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ついに募集開始そして演奏曲目発表とか。

アルメニアンダンスパート1か〜っ!

とりあえず叫びたかったのです。すみません。
えー、今年も東京パレード恒例の「みんなでブラス」の曲目が発表され募集が開始されました。

マーチは雷神・・・・天の神様のご機嫌をとって今年は去年のようなことが無いように、という意味でしょうか(去年はみんなでブラスのあたりから雨模様)。
そして注目のオリジナル曲は、かの名曲「アルメニアンダンスpart1」です(ブラス関係者の自虐的な笑いが聞こえそう)。

ああもうこれは去年以上に練習しないと厳しいな。
とりあえずpart2のほうが僕は苦手なので、1になったことを救いとみるべきか・・・・(救われて無いと思う、というブラス関係者の突込みが聞こえそう)。

とりあえずステージ上は早い者勝ちで埋めて、オーバーしたらステージ前での立奏になるようです。
今年から参加費が発生してたり譜面台個人持ち必須になってたりしますが、とっても感動的なので全国のブラス関係者の皆様は是非ご一緒に。

もちろん僕は申し込み済みです。これで今年の東京パレードもうちのブースそっちのけで参加することに決定(関係者の皆様には深くお詫び申し上げます)。


posted by sakura at 14:45| Comment(4) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

告知を待つ状態に突入とか。

ご報告遅れましたが、先日こそこそとリンク先などを修正しました。
先月のオフ会でお会いしたGBr関係者の皆様でまだリンクしていなかった方を追加したのがメインの修正だったのですが、東京パレードのサイトも次回、つまり今年の公式サイトへのリンクに変更しました。

さてその東京プライドパレードの公式サイト、さっそく「今年もやります、みんなでブラス」と告知がされております。
リンク先のサイトのトップページにバナーがあります。といってもその先に飛ぶとまだ準備中なので、募集が始まったとか曲が発表されたというわけではありませんが。

現在活動中かを問わず、楽器持ちのブラス関係者の方、よろしければご一緒しませんか。
そろそろステージの大きさの限界に来ているため、一定人数になると締め切ってしまうと思われるので、ときどきサイトのチェックが必要そうですよ。
募集が始まり次第僕は応募する予定にしています。
posted by sakura at 20:51| Comment(6) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

東京レズビアン&ゲイパレードの画像とか。

感想は昨日付けの記事をご覧いただくとして、その補足として画像を少しばかりアップすることにします。


まずはパレードが信号待ちのときの画像なんですが、暗い画像ですみません。でも人が判別しにくいほうがいいかなと思って。

信号待ち.jpg

車道から見る風景は歩道から見る風景とは違います。


新しい宝物が手に入りました。

缶バッヂ.jpg

みんなでブラスの参加者だけの缶バッヂ。あると知らなかったのですごく嬉しいプレゼントになりました。大切にします。
赤いリボンのついたバッヂは今回の東京レズビアン&ゲイパレードのうちの団体のブースで大量配布したもの。Living Togetherは今年の年末のエイズ学会のテーマにもなってます。


そしてこれが問題の・・・・。

ハニー.jpg

ちなみに編曲者はコンサートマスター。
わかりにくいですが右下、一番最後の小節の上に「変わるわよ!」と叫べという指示があります(爆)。
こういう指示を無視できない、それがブラス関係者というものです。


最後におまけなんですが・・・・。

Tシャツ.jpg

レインボーカラーに流星をあしらったTシャツ。パレードで歩いている間だけ着ていたものです。今回Tシャツは4枚用意して、準備で1枚、みんなでブラス本番で1枚、パレードでこの1枚、終わったあとにもう一度着替えたのでちょうど4枚で正解でした。
このTシャツは自作品です。

今日は午前中用事があり、先ほど戻ってあわただしく更新しています。
これからレインボー祭りの準備に行ってきます・・・・。
posted by sakura at 13:44| Comment(10) | TrackBack(1) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

初見でも曲は流れ雨でも隊列は進むとか。

つい先ほど、みんなでブラスの打ち上げ(1次会)が終わりました。
今はとりあえず安堵感を中心とした幸せな気持ちです。

パレードの会場に来られた方、14時頃の激しい雷雨に見舞われる形となって大変でしたね。僕も昨日は「夕立対策を・・・・」なんてことをいくつかのブログでコメントとして書いておりましたが、夕立どころではありませんでした。
単なる大雨でしたら、何があってもパレードは行ってほしいと考えていましたが、雷雨となると少し事情が違います。ひときわ大きく飾られたフロートに落雷でもしたら大変なことになります。負傷者が出れば来年のパレード開催に許可がおりるか非常に怪しい状況になってしまいます。

そもそも雨が降り出したのは、僕が「みんなでブラス」のステージに備えてウォーミングアップしている最中の12時半くらいのことでした。
みんなでブラスにはやはり140人くらい集まりました。日本全国からの参加者がステージ裏に集合した時、雨は降ったりやんだりを繰り返していました。

みんなでブラスのステージは、全員が立って演奏しないとステージに入りきれないという人数。ホルンは結局12人で僕はそのほぼ真ん中(舞台向かって右から6人目)だったので、見える方向が非常に限定されていたようです。
同時に僕自身も指揮者が見えず(爆)。指揮棒の先は一部見える程度でした。

自由の鐘は直前に2ndHornになるという指示が来ていたので1stよりは余裕があって、よしアルヴァマー序曲だと思ったところで緊急特別企画が発動しました。
いきなり配られる新たな楽譜(爆)。
オーディエンスからは拍手が、ステージ上からは悲鳴が(苦笑)。

新たな演奏曲目はオリジナルアレンジ版「キューティーハニー」でした(笑)。
しかしです、何かやたら低音が多いんです。ホルンとは正直思えない譜面構成・・・・もしかして、と僕は思いました。
「これ転調してないですか?」
・・・・どうやらそのようで、脳内で流れるメロディーとちょっと音が違って難しかったです・・・・。

肝心のアルヴァマー序曲は楽しく演奏できました。楽しかったからいいってことにしておいてくださいっていう感じで(汗)。
何とかなるもの、と僕などが言ってよいのかどうかわかりませんが、演奏終了後の拍手が嬉しかったです。久々に味わう感覚で。
もしかすると毎月のように演奏会に出ていた十年前にはここまでの感動は無かったかもしれないなぁ。

ステージを降りると雨はまだ少し降っていました。
しかし次第に雨が強くなり嵐の様相に。
フロート紹介なども一応されたのですが、行進を行うかの結論は14時40分に発表されることになりました。
その後も雨は強く、ブースのテントは屋根に水はたまるし横から雨は吹き込むし、寒いなんて声が上がる状況でした。
雷も鳴っていて、パレード中止も致し方ないか、と僕も思いました。
ゲイイベントでここまで荒れた天気は僕は記憶にありません。
携帯から天気予報を見ると、大雨洪水注意報が出ていました。

予定より早く、14時半を少しまわったところで行進を行うことが正式に発表され、会場を拍手が包みました。
まだ雨は降っていて、テントや木の下に避難している人がほとんどでしたが、皆歩きたかったんだな、ということがわかる温かい拍手でした。
10分押しで行進の準備が始まりました。


そして、本当は出発する予定だった15時を少し過ぎた頃。

雨が上がったのです。

また僕らはひとつ奇跡を見たのでしょうか。


多少ぱらつくことはあっても、大きな雨にはその後あわずにパレードは進みました。
雨雲がパレードに気がついて足を早めてくれたかのようでした。
荒れた天気のおかげで、街頭には一般の買い物客は普段よりやや少なかったのかもしれませんが、歩いているうちに出会う歩道のギャラリーの皆さんが去年以上に温かかったという印象を受けました。

こうして今年のパレードの12のフロートは無事に予定されたコースを一周し、2000を超える人が歩きました。
大雨のため歩くのを断念された方も多くいたと思います。それゆえに去年より少ない人数での行進になったのではないかと見ました。
でも「歩きたい」という気持ちの強さは間違いなく今年のほうが上でした。

パレードができてよかった。

すべての参加者の方、特に僕たちのコミュニティアクションのフロートでトラブルにもめげず歩いてくださった方、本当にありがとうございます。
歩くのを断念された方、パレードは無理して参加するものではありませんから、全く気にすることはありません。
僕が望んでいるのは「今年歩いてください」ではなく「一度歩いてみてください」です。
雨に降られてひどくぬれたままお帰りになった方は風邪など召されませぬように。
余力がありましたら、明日のレインボー祭りでお会いしましょう。HIV関係のブースで何かしていると思います。

みんなでブラスの打ち上げも本当に楽しく過ごせました。打ち上げの終わりごろホルンが6人くらい含まれる10人弱の集団ができたとき、皆から「何このイカツイ集団」みたいな視線を浴びていましたが気にしません(笑)。
みんなでブラスの皆様、また来年会いましょう。そして本当に良い経験ができました。ありがとうございました。
mixiで個々にご挨拶はできないので、このブログにてお礼を申し上げます。

もう一度だけ言いたいので言います。

パレードができてよかった。
posted by sakura at 22:45| Comment(7) | TrackBack(0) | みんなでブラス/BrassMIX! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。