2011年10月15日

温泉と公共交通を満喫する東北縦断2DAYSとか。

年末になるとHIV関連業界は超バタバタかつネタ満載なのですが、その前に東北縦断の記録をアップしないと、と思いつつ時間が過ぎてしまいました。

レインボーマーチのあった9月18日の夜は札幌には泊まらず、青森へ。ここから東北縦断ツアーです。

ボンバルディア.jpg

東北ツアーを決意したのは、ボンバルディアに乗りたいという誰もが抱く欲求を満たすのが第一の目的でした。被災地を見てくることも考えたのですが車の無い僕にとっては東北の沿岸部は割りとハードルが高いのです。でも観光客が邪魔にならない範囲で東北に行けば現地にお金も落ちるし、せっかくなのでどこかの温泉地に行こうと思ったのでした。

首都圏はこの日は暑くてそのあと台風という状況だったようですが、到着した青森はけっこう涼しいというかむしろ寒く感じました。まあ札幌経由なので服装は問題なかったのですが。

青森駅.jpg

青森駅前.jpg

実は青森にはほとんど滞在する時間が無かったので、夜宿泊して、駅前の「青森まちなか温泉」で風呂に入って、くらいしかできませんでした。一番の観光スポットは新青森駅だったりして。

青森まちなか温泉.jpg

でも美味しいものだけはしっかりいただきます。ここからは長い鉄道旅行なので車内に持ち込めばいいわけですしね。というわけで嶽きみをさっそく。

嶽きみ.jpg

北海道ではとうもろこしを食べなかったのですが、それもこれがあったから。甘くてとても美味しかったです。

さて、20日に夏休みをもらっていたので、19日20日の2日間で東北を縦断するわけなのですが、宿泊地をどこにするかはけっこう迷いました。
なかなかチャンスは無いので、こういうときでないといけない場所にしよう、と思って選んだのは、花巻市にある新鉛温泉です。そのため東北新幹線から一部分だけローカル線に。

途中にはこんな素朴な駅も車窓から見えるのですが・・・・。

花巻空港駅.jpg

このどこにでもありそうな田舎の素朴な駅、何とこの駅は「花巻空港駅」です。今度絶対降りてみようと決意。
一方の花巻駅はこんな感じ。遠野などへの拠点ということでこちらは観光地の駅ってイメージですね。

花巻駅.jpg

花巻には花巻温泉郷と花巻南温泉郷がありまして、新鉛温泉は花巻南温泉郷のほうにあり、温泉郷全体の送迎バスなんかも出ているのでそれを利用しました。
人が多くて温泉写真はなかなか撮れなかったのですが、20日の朝に源泉欠け流しの桶風呂を朝もやの中で楽しんできました。

新鉛温泉.jpg

源泉は50度くらいあるので、かめの中の水を使ってセルフで温度を下げて入ります。
年に一度はこんな朝風呂でリフレッシュするのがいいですね。

一番風呂.jpg

新鉛温泉は新とつくだけあって、もともとの鉛温泉というのもあります。湯治場としても有名な温泉です。帰りは公共のバスで鉛温泉で降りて、有名な藤三旅館の白猿の湯に入ってきました。
平日なのでこちらはほとんどの時間帯が一人。こんな風呂です。

藤三旅館.jpg

この白猿の湯は、日本一深い自噴天然岩風呂でして、立位浴といって立って入るお風呂です。というか立って入るしかありません。深さは1.25mとのことでしたがもっとあるんじゃないかと感じられました。
しかもこの白猿の湯、実は混浴なのです。混浴の内風呂がある旅館も減ってますしね。
いろいろな意味で貴重なお風呂に入ることができました。

台風が近づいているということで、この後は少し予定を早めて東京に戻ってきました。いい旅行でした。
東北新幹線のダイヤも戻りますが、東北の復興が一日でも早くすすみますように。

仙台駅時刻表.jpg

・・・・そこは時刻表じゃないと思うって突っ込むべきでしたか・・・・?
posted by sakura at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。