2011年07月31日

整然とした街でカオスな学会が開かれたとか。

これまでこのブログでは、日本エイズ学会のことはたくさん伝えてきましたが、今月はもう一つ僕が入っている学会に行ってきました。
こんな演題の発表やシンポジウムが行われる学会です。

・大学生における携帯電話依存とその関連因子についての検討
・過疎問題と地域再生
・外国人女性の妊娠出産育児期における課題
・教員の労働負担軽減対策とその効果
・農業災害事故の実際と予防
・薬物依存症と人権
・インターネット上の医療情報に関するガイドラインの検討
・深夜の繁華街における10代風俗産業従事女性に関する社会医学的調査
・スギ花粉症の社会的側面と問題解決への方向性の考察
・いま職場のメンタルヘルス対策に欠けているもの
・精神障害者社会復帰施設におけるICT利活用支援に関する評価

などなどあるのですがどうでしょう。一つの学会に見えないですよね(爆)。


それが日本社会医学会です。

富山大学.jpg

今年は徒山大学で開催されたこの学会ですが、社会医学って何、という方は、人の健康に影響のある社会的な要因を研究する学会だと考えていただけると良いと思います。

富山大学へは路面電車で行くのですが、まるでペリカン便に積まれたかのようです。こんな車両なので。
路面電車.jpg

日本社会医学会は、本業関連の便行をしにいく学会というのが僕の中での位置づけ。
この学会の場合、全ての演題が自分の仕事に関わるわけではないのですが労働環境やメンタルヘルス、障害者、貧困など本業にもつながるファクターがつまっていて、一方で薬害とか差別問題などのボランティア系の話も出てくるので僕にはおいしい学会なのです。

発表者も大学生から大学の先生、さらにはさまざまな福祉施設の方なども発表されていて実りのある学会でした。

ちなみに僕は富山県に宿泊したのははじめて。
面白いホテルを探していてこんなホテルにしました。

コンセプトホテル.jpg

和風旅館じゃなくビジネスホテルなんです。素足で館内を歩けるホテルというのがコンセプトで部屋も寝台に畳敷き。良いホテルでした。

ただシーフードが苦手な僕にとっては食事はちょっと考えてしまうところがありました。
でもそんなときは、ご当地ラーメンがいい感じです。
富山といえば、ブラックラーメンです。

ブラックラーメン.jpg

濃い口醤油のスープとブラックペッパー。まあしょっぱいのですが良い醤油を使っているのでしょうか、後を引く味。
富山駅近辺にもラーメン屋さんが多くて、上の画像の店ではないのですがこんな店もありました。

こんなラーメン屋も.jpg

・・・・四国旅行と同じ落ちじゃねーかよ、というご批判は受け付けませんっ。
posted by sakura at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。