2011年05月22日

ヒゲとドイツの徳島ツアーとか。

ようやく時間が取れまして、いまさらながら感はありますが、ゴールデンウィークノ四国の旅の様子をアップしていきたいと思います。

徳島空港.jpg

いつものように四国へは飛行機で。今回の入口は徳島阿波おどり空港です。本当にそういう名前なのです。空港前には阿波おどりの像がしっかりありました。

今回の四国旅行は徳島〜高知〜松山という四国を南回りに半周以上する旅。その旅の最初のご飯は徳島ラーメンでした。

徳島ラーメン.jpg

さて徳島は地元の方に案内していただくという完全なお任せプラン。そしてメインの目的地はこちらです。

バルトの庭入口.JPG
バルトの庭.jpg

「バルトの庭」です!
ここは2006年の映画「バルトの楽園」のロケセットを移設したものを中心にした施設で、第一次世界大戦のドイツ兵捕虜の収容所、といっても非常にオープンな交流が行われていた場所をテーマにしています。日本でベートーヴェンの第九が最初に演奏されたのも実はこの収容所なのです。
ちなみにバルトと言うのはヒゲという意味です。

で、ここにつれてこられた意味としては、軍人コスプレができるからということもありまして。
代表の方も敷地内をそのコスチュームで歩いておられました。

代表の方と記念写真.JPG

で、僕が着るとどうなるかと言うとですね、

軍服コスプレ.JPG

ああ、なんだかいそうですよね。上官の許可も無いのに勢いでBC兵器とか作っちゃいそうな(それ以上は危険なため自粛)。

ちなみに鳴門市にはドイツ村とかドイツ館なんかもあり、渦潮のイメージが強かった自分には少々以外でした。

ドイツ館.jpg

ドイツ館前風景.jpg

駆け足の徳島ツアーでしたが、案内してくださった方には本当に感謝しております。ありがとうございました。

翌日は早朝から高知に移動。
高知と言っても高知市はまだ坂本龍馬ブームが続いているのか宿が取れず、件の西側にある中村まで、数回の乗換えを経て移動です。

というわけで四国の旅ではもうおなじみのアンパンマン列車が。

アンパンマン列車徳島版.jpg

しかもこの車両はお子様向けのプレイルームがついていました(MSM向けのダークルームはございません)。

アンパンマンプレイルーム.jpg


というわけで続きとなる恒例のTシャツアート展の模様は次の記事にて。
posted by sakura at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>しかもこの車両はお子様向けのプレイルームがついていました(MSM向けのダークルームはございません)。→アン○ンマンとはちよっと...(失笑)。
ところで軍服が素敵ですよ(はーと)
Posted by かわちゃん at 2011年05月23日 06:27
>かわちゃんさん

すぐ返事できずすみません。
軍服は各方面で概ね好評でしたw
Posted by sakura at 2011年06月29日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。