2010年09月27日

十勝のディープな映画祭と空港売店が仕掛けてきたトラップとか。

2つ前の記事から続く北海道ツアーの締めくくりは「Shintoku空想の森映画祭」です。

会場ホールは元学校.jpg

会場は廃校になった学校です。北海道だけでなく、少子化によって廃校となった校舎の活用と言うのはどの地域でも考えられていることなのですが、ここは完全に学校が学校のまま残っていました。

会場前でキャンプも.jpg

校庭はもう草だらけででこぼこでしたが、そこでキャンプしながら参加する方も。
ちなみに夜はこんな感じになります。

会場の夜.jpg


校舎内も基本的には原型をとどめていまして。

教室.jpg

ちがう壁面には学級文庫やアコーディオンなんかも置いてありました。

映写会場.jpg

さすがに映写会場はスクリーンなどが設置されて吐いたものの、学校の多目的ホールって感じでした。

さて今回は、「マイノリティ」が映画祭のテーマで、3日目にはセクシュアルマイノリティが取り上げられました。その中ではakaboshiさん(これからは街中で「カントク!」とか呼ばなきゃ!)の撮った映画も本邦初公開されたりしまして、スタッフにも監督にも知り合いがいるという縁で新得まで出向いたわけです。いわばS監督とM嬢(それぞれ本名でありそれ以上の意味はありません)が何を作ったのかを見に行ったということです。

彼の映画については終わった後感想を述べたりしましたが、10月に大阪で上映会もあるので、ここではあまり申しません。本人にはその場で伝えたし、あまり先入観を持たずに見たほうが良いかなぁと思います。それにどうも、編集がさらに変わる可能性がありそうなので(爆)、今述べるべきではなさそうかなぁと。
ただ最終的にどんな編集をしたのか、その経過をちょっと追いかけたくなります。ってゆーかカットした場面を上映後に語りすぎて、聞いたら見たくなったシーンもたくさんあった、ということです。
そのうち完成版と銘打たれるのかなぁ。
上映予定などはakaboshiさんのブログでぜひチェックを(再三この展開)!

レインボーグッズ.jpg

そうそう、こんなレインボーテイストのグッズもありました。


新得と言うのは札幌から東へ向かったとき、富良野方面と帯広方面との分岐点にあるような場所です。交通の要所ではあるのですがなかなかそれ以上にはなれない地域でもあると思います。サホロリゾートもあるのですが「新得」という地名にネームバリューが薄いのです。
僕が新得で下車して改札を出るのも2回目。1回目はいつだったか、駅前にある温泉にどうしても入りたくて降りたときです。あのときは生活に疲れていたか、婚約破棄の傷が癒えていなかったかなんかで精神状態が良くなくて衝動に任せた旅をしていたようなときでした。まさか明確な目的をもってこの町を訪れる日が来るとは思いませんでした。

十勝フリークとしては、地元の出店や最終日のパーティーで振舞われた料理に、東京から来た人たちが「美味しい」と言ってくれたことが嬉しかったです。ベーコンもトマトもチーズもとびきり。帯広ビールは濃い黒ビールなのですが久々に飲んだらうまかった。ちなみに帯広ビールのお兄さんが一番ゲイ受けしそうだった(笑)。スタッフも髭率高めなので都会のゲイライフに疲れた人が年に一度来るにもお勧めです(副作用として社会復帰が困難になる場合があります)。

でもいつも中札内村と帯広市中心の十勝ツアーだったので、前の記事の宿や新得の町外れに来たのは僕にとっても新鮮な体験でした。地元の人たちは「ゲイフレンドリー」というより「ダイバーシティを尊重」な感じがしてそれも素晴らしかったです。スタッフの皆様には改めて感謝とお疲れ様の一言を申し上げます。

カレンダーと相談だけどまた行きたいです。行って都会のゲイライフで蓄積した疲労を(以下略)。


というわけで抜群のヒーリング効果を受けて翌日帰ってきたのですが、帰りの帯広空港で驚愕のPOPを発見しました。

これはおいしいクマ.jpg

・・・・おいしいクマって、そのフレーズは妙にどこかで聞きなれているような・・・・?
ちなみにここは帯広空港内の売店です。

1店舗ならまあ「店員が思いつきで」とか「店員がくま好きで」とか「店員が暗躍眼鏡団をリスペクトしていて」とか、「あくまで個人でやったことです」的なことだろうなぁ、と思えるのですが、手荷物検査場を通過した後、搭乗口前の売店でも・・・・。

さらにおいしいクマ.jpg

・・・・こっちもか・・・・?
ちなみにこの店舗はJALの売店です。経営再建策の一環なのでしょうか(違)。

ここまでプッシュされたら買わんとね、と思い、よくよく考えたらこの場に来る縁をつないでくれたのは映画祭スタッフが二子玉川のお茶の店「ラサ」に来ることをリークした某くま絵師なので、彼へのお土産にするつもりでなにげに一箱買いました。
しかし事態はこれで終わらなかったのです。

この袋はどうなのか.jpg

こ、この「ネタを仕込んだつもりが罰ゲームかもって思えてくる」ビニールバッグは(爆)。
あなどれないぞJAL BLUE SKY・・・・。
posted by sakura at 09:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶんと、マニアックな場所で、マニアックな映画祭があったんですね。
新得かー鉄ちゃんなんかじゃないと、なかなか萌えない場所ですが、
きっと、反対に良い作品を見たいという志の高いスタッフとお客さんに支えられた
いいイベントかもしれませんね。

Posted by kumazzzo at 2010年10月03日 16:53
>kumazzzoさん

そうね、新得はそもそも目的意識がないとなかなか。
乗り換え時間がえらく長い、とかだと駅前の温泉でひと風呂とかあるんだけどね。
でもイベントはとっても良かったよ。

ちなみに、僕的にはkumazzzoさんは帯広のドーミーインの朝食バイキングを僕の目の前で食ってもらいたいという野望が若干あります(謎)。
Posted by sakura at 2010年10月12日 18:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163888755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。