2010年08月28日

自殺にまつわるソーシャルアクションと空の画像とか。

前の記事で十勝の空の画像を掲載しましたが、この画像はもうひとつ使い道があって撮影をしました。

SORA2010というプロジェクトです。
http://volunteer.main.jp/sora.html

twitterではだいぶ前に紹介したのですが、ある研修でたまたまこのプロジェクトをなさっている栃木のNPO「もうひとつの働き方ネットワーク」の方と知り合い、プロジェクトそのものを知りました。

このNPOは自死遺族(自殺した人の遺族)の支援をプロジェクトにしていますが、その研修の交流会の場で、「どこからどこまでが遺族なのか」という話をしました。
その中で、同性のパートナーの話をこちらからは何も振っていないのに(まあ僕がHIV関連団体のスタッフとして参加していて、ゲイバレは構わない体勢だったこともあるでしょう)、ごく自然にされておられました。
上のサイトにも書いてありますが、「どこか遠いところの誰かの話」から「みんなの問題に」という転換を図るアクションというのは、ある意味、「HIVを持っている人も持っていない人ももうすでに一緒に暮らしている」という、HIV業界的にいうところの「Living Together」ととても通じ合うところがあったのです。

僕自身は自死遺族ではありませんが、友人・知人から自殺(希死念慮というべきでしょうか)につながる言葉を聞いたことはあります。
どうしてもその考えを止めたい、と思っているうちに突然、僕がその相手に惚れていることを自覚したりしたこともありました。
親戚もたくさんいて、両親も見送っているので、身近な人の死について実感しやすいのかもしれません。

最近のニュースで戸籍が消えていない高齢者の問題が毎日のように取り上げられます。
住民登録ではないので、戸籍上残っているのはむしろ「簡単に戸籍を消すことができない」という制度上の問題であろうと思いますし、自分の死に際して誰が戸籍を消す手続きをしてくれるのかという問題を示されているようにも感じます。
そんなことを感じたので、このプロジェクトをこのブログでも紹介したいなぁと思って記事にしました。




posted by sakura at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。