2010年08月22日

来月を想いつつも夏らしい北海道を満喫する北のTシャツ展2010とか。

順番が前後しましたが、今年は8月7日の夜から9日の朝まで帯広に滞在しました。
7日は札幌で、9月に予定されているレインボーマーチ札幌の関連イベントとしてHIVの勉強会の様子を見てから帯広に移動したので、帯広の地域カレーチェーンであり一部ではソウルフードとまで呼ばれているインデアンカレーを食べ、最近できた温泉のあるビジネスホテルに宿泊、翌8日にイベントを満喫するスケジュールです。

さて、北海道はさぞかし涼しいだろうと想われそうですが、今年は僕が行った期間についてはさほど本州と変わりありませんでした。
前日にはオホーツク沿岸の北見で37度を記録したとか。
ホテルはいいのですがこのあたりの民宿やユースホステルなどではエアコンが本来要らないので設置されていないところも多く、今年はなかなか苦労されていたようです。

とはいえ本州とは違って、自然の中での暑さなので、僕の肌感覚で言えばかなり過ごしやすくはありますね。
ちなみに8日の夜の宿泊先近くには、昨年までは見られなかったこんな標識もありました。

熊出没注意.jpg

お約束はこのくらいにして、まず十勝は空が広いわけです。

十勝の空.jpg

確かに陽射しは強いんですが、少しの風でも邪魔するものが無いので「吹き抜けていく」わけです。熱気の滞留が無いのが過ごしやすいポイントですね。

kitaT2010.jpg

というわけで今年も中札内美術村にやってまいりました。もうこのブログでは毎年夏の恒例の光景ですね。

windy.jpg

たまたま行ったときに少し風が出てきていたので、Tシャツがはためきます。真心ブラザースが唄った「はためくTシャツよ誇らしげ」というフレーズが脳裏をかすめます。
といってもあまりパタパタされると撮影できないのです。

mydesign.jpg

というわけで自分でおさえて撮影してもらいました。
ちなみに接写するとこんな感じに。

2010年のデザイン.jpg

今年のデザインは、世界地図に「僕らはもうすでに一緒に生きている」というメッセージを4つの外国語であしらいました。このメッセージはHIV関係でも出てくる「Living Together」なわけですが、最近いろいろなものに接するたびに、もっと様々な場面でこのメッセージを使えるようにHIVに特化しないTシャツを作ろうと考えたのがこのデザインなのでした。


ところで、下から2つめの写真でうすうすお分かりの方もいらっしゃるかと想いますが、今回、僕のマイミクさんに車で連れて行っていただきました。
このマイミクさんは地元の方なのですが、akaboshi君のブログやら某くま絵師と一緒に仕組んだサプライズなどで「十勝人と十勝フリーク」としてお近づきになった方です(サプライズはご本人には大変喜んでいただけたと自負しており、間違っても悪だくみなどとカテゴライズされる類のものではありません)。

そしてこのマイミクであるmamuさんがスタッフをやっているのが、Shintoku空想の森映画祭という、帯広と札幌の間よりちょっと帯広寄りにある新得という町で開催される映画祭です。今年は映画祭最終日の9月20日はセクシュアルマイノリティDAYとなっており、なんとakaboshi君の映画も上映されたりするのです。
まあ上映だけだったら「ブログでのレポートが楽しみだ」で済むかもしれないのですが、

僕がakaboshi君を東京パレードに誘ったら
 ↓
akaboshi君がレインボーマーチ札幌に行ってmamuさんと知り合い
 ↓
数年後mamuさんがスタッフの映画祭でakaboshi君の映画が上映され
 ↓
上映場所は僕にとって縁の深い十勝にある新得町である

という感じでなんか数年かけてバトンが戻ってきたようなそんな感覚なのであります。
地元関係者以外で、新得って言われて「サホロとトムラウシの間だよ」でわかるゲイは自分以外に見たことがないので、これは自分も見に行くしイベントも応援せねば、なんてことを感じたので、微力ながらこのブログでも告知したいと想いました。

第15回Shintoku空想の森映画祭
2010年9月18日(土)〜20日(祝)
北海道新得町新内ホール

プログラムやチケットについては公式サイトにて
http://www.kuusounomori.com/

行くのはちょっと大変で、翌日休暇をとることを推奨と言うか必須な感じですが、Ustreamによる配信がある予定だそうですので、自宅でもチェックできるかもしれません。

なお、僕は19日にレインボーマーチに行って、翌日は現地で見る予定です。
posted by sakura at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。