2010年06月30日

PK戦から数時間過ぎても未だ熱い蒼い夜とか。

ワールドカップサッカーをどれだけの人が見ていたのだろう、そんなことを考えています。
惜しくて、素晴らしくて、せつない、そんな試合でした。Pk戦になったときには川島がさらに名を挙げるかとも思っていたのですが、相手は今大会絶好調の南米勢の一角、日本に比べてパラグアイのほうが自信が上回っていたようにも見えました。

でも誰がどうという負けではなく、120分間戦ったことに、そしてここまで勝ち上がったことにまずは拍手を送りたいです。

朝のワイドショーの時間帯になって、駒野のPKが繰り返し放送されていますが、堅いディフェンスで勝ち上がった日本なので(今大会2失点)、右サイドバックの彼なくしてはそもそもこのゲームがあったかもわからないし、厳しい言葉はいずれ必要かもしれませんが試合後数時間の今その言葉を投げかける必要があるのか、という思いを強くしています。

楽しかった。
感動した。
でも少し悔しさを引きずるのでしょう。
4年後は・・・・いえいえ、次の予選まではとっくに4年をきってます。


posted by sakura at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。